ホーム>スケジュール>ジャンル>ワールドミュージック

ワールドミュージック

6/2(日)パンソニード

5/21(火)サインホ・ナムチラク・ 内橋和久

Sainkho Namtchylak(サインホ・ナムチラク)
内橋和久

4/30(火)スースー&バンチョーズ/銀河歌謡ショウ

「スースー&バンチョーズ First Tour」
スースー&バンチョーズ
[鈴木スースー亜紀(vo.p.琴)和久井アナログ番長光司(vo.g.b)
菊池ギター番長琢己(g.b.vo)伴ドラム番長慶充(ds.vo)]
銀河歌謡ショウ
[タミー(vo)テリー(g)こうしょう(b)ジョン(key)ミッチ(ds)]

オリジナル曲とカバー曲のスースー&バンチョーズはfrom東京。ギターボーカルの和久井光司さんはビートルズ研究家としても有名で著書も多数。だから彼のギターリフやサウンドはビートルズ好きには思わずニヤリと楽しめたりもして。 そしてそのススバンを迎え撃つは、有名洋楽イントロボンからの~昭和歌謡ズコーでおなじみ今池の銀河歌謡ショウ。ライブ中、餅すすりお爺さんが如く酒を飲み続ける乾杯シンガーたみちゃん★最近そのたみちゃんをしのぐ勢いで今池居酒屋に出没中のキーボード・ジョンと一緒にみんなでヤングマン!

(きのぴー★)

2019223223913.jpg

4/23(火)ガレージシャンソンショー/客人:Ds森山威男

『昭和生まれ』
~今池の客人(まろうど)~
ガレージシャンソンショー
[山田晃士(vo)佐藤芳明(acc)]
客人:Ds森山威男

その昔、ラジオ番組にその週の客人として出演していたのを聴いたのが僕とガレシャンの出会いである。その時に聴いたガレシャンの曲、それはまさに衝撃だった!アコーディオンと唄だけなのこれ?台詞の様に吐き出される言葉にアコーディオンが情景を添える独白劇の様だ。そして今回その二人に「今池の客人(まろうど)」として招かれたのが、あの山下洋輔トリオのドラマー、森山威男である。フリージャズという枠を優に超えジャズ界のハーコアパンクともいえるその演奏は独白劇とどう交ざり合うのか!?これは是非とも目の当りにしていただきたい!

(河野悟)

20194222749.jpg

4/22(月)こまっちゃクレズマ~CD発売記念

こまっちゃクレズマ~CD発売記念
『koma DORADOへの冒険ツアー  #01』
こまっちゃクレズマ
[梅津和時(sax,cl,vo)多田葉子(sax,vo)松井亜由美 (vl)
張紅陽 (acco,vo)関島岳郎 (tuba,recorder)夏秋文尚(ds)]

こまっちゃの新アルバム『こまドラド』。一足お先に聞いております。始まってすぐ、何故か泣いてしまいました。今回のアルバムには長い音楽生活を経た彼らの、聴いてる私の、生きている哀しみを帯びているように感じます。いったいどれだけの 哀しみを乗り越えてきたのだろう。生きていく中である、とても哀しいこと。そのそばにある嬉しいことや楽しいこと。それを抱えてどこまでも進む今の姿がぜんぶ音楽になっているようです。さあ、みんなでこまっちゃの音楽をライブで聴こう! CDも買おう!

(cafeロジウラのマタハリ りりこ)

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ