ホーム>スケジュール>ジャンル>ロック

ロック

6/7(金)DUDE TONE/ゲスト:北里晃一(THE MODS)

「DUDE TONE LIVE2019 "Walkin Blues "VOL.6」
DUDE TONE
ゲスト:北里晃一(THE MODS)

THE MODSのサウンドプロデューサーにして唯一無二のギタリスト、苣木寛之。 彼のソロプロジェクトが【DUDE TONE】である。
彼の幅広い音楽性が堪能できるライブは高い評価を得ている。

4/29(月)「シーナ&ロケッツ 鮎川誠生誕71年祭」

「シーナ&ロケッツ 鮎川誠生誕71年祭」
シーナ&ロケッツ

※整理番号付き

こちらの公演は

1.シーナ&ロケッツチケットセンター

2.TOKUZO

3.プレイガイド(チケットぴあ/ローソンチケット)

4.当日券

の御入場順となります。

 

4/28(日)おとぎ話/台風クラブ

おとぎ話 presents
<New Moon,New  Moon~瞬間と瞬間~>
おとぎ話/台風クラブ

4/27(土)ROVO ワンマンLIVE

ROVO ワンマンLIVE
[勝井祐二(vln) 山本精一(g)芳垣安洋(ds)
岡部洋一(ds)原田仁(b)益子樹(syn)]

4/23(火)ガレージシャンソンショー/客人:Ds森山威男

『昭和生まれ』
~今池の客人(まろうど)~
ガレージシャンソンショー
[山田晃士(vo)佐藤芳明(acc)]
客人:Ds森山威男

4/20(土)Hinukamu Blow one-man live @NagoyaTokuzo

10th anniversary
Hinukamu Blow
one-man live @NagoyaTokuzo
Hinukamu Blow
[内藤コースケ(vo.g)都築健太郎(b.vo)
Eiri(g.vo)小笠原友子(ds.vo)]

4/14(日)「泉谷しげる 全力ソロライブ!名古屋」

「泉谷しげる 全力ソロライブ!名古屋」
泉谷しげる

4/13(土)ROCK'N'ROLL GYPSIES [花田裕之(vo,g)下山淳(g,vo)市川勝也(b)池畑潤二(ds)]

ROCK'N'ROLL GYPSIES
[花田裕之(vo,g)下山淳(g,vo)市川勝也(b)池畑潤二(ds)]

4/12(金)是巨人[吉田達也(ds)鬼怒無月(g)ナスノミツル(b)]

4/11(木)The HIGH/the NEATBEATS

4/8(月)THE ARAKURE[永井敏己(b)米川英之(g)長谷川浩二(ds)]

THE ARAKURE “Tour 2019 April”
THE ARAKURE
[永井敏己(b)米川英之(g)長谷川浩二(ds)]

4/7(日)Polaris

「'Polaris Spring Tour 2019“continuity #8”」
Polaris

4/6(土)騒音寺/ザ・たこさん

4/5(金)中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

『ソウルフラワー中川敬・SFUニューアルバム発売記念ソロツアー<名古屋篇>』
~中川敬の弾き語りワンマン・ライヴ!~
中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

 

【中川敬 NAKAGAWA TAKASHI プロフィール】
ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のヴォーカル、ギター、三線。前身バンド「ニューエスト・モデル」に始まり、並行活動中の「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」や弾き語りソロなど、多岐にわたる活動で、作品やライヴを通じて多くの人々を魅了している。トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなど、あらゆる音楽を精力的に雑食・具現化する、これらのバンドの音楽性をまとめあげる才能をして、ソング・ライター、プロデューサーとしての評価も高い。
 また、阪神淡路大震災の際、民謡や戦前流行歌などをレパートリーに、避難所、仮設住宅、復興住宅などで二百回を越える出前ライヴを行ない、2011年の東日本大震災においても、東北各地の避難所、仮設住宅などで三十回ほどライヴを行っている。「満月の夕(ゆうべ)」は、1995年2月、神戸の避難所で生まれた名曲である。東ティモール、パレスチナ難民キャンプ、フィリピン・スモーキーマウンテン等、世界のマージナルな場所でのライヴも敢行している。
 2015年から本格的にアコースティック・ギターの弾き語りで全国ツアーを開始。2017年に第4弾ソロアルバム『豊穣なる闇のバラッド』をリリース、2018年12月にソウル・フラワー・ユニオンの4年ぶりになるニューアルバム『バタフライ・アフェクツ』をリリースする。



TOKUZO予約・販売:052-733-3709/mail@tokuzo.com
チケットぴあ:Pコード:139-212/0570-02-9999
ローソンチケット:Lコード:42691/0570-084-004
学割チケット:前売り¥2,000 当日¥2,500(店頭のみ予約・販売)
※中学生以下は入場無料。(保護者同伴でご入場ください)
※学割チケットは高校生・大学生の方が対象となります。(学生証をご持参ください。

ご入場順につきましては、一般チケットの整理番号をお持ちの方の後になります。
一般チケットをお持ちの方と同伴の場合はご一緒にご入場できます。)
※「託児所」等お子様をお預かりする施設、スタッフ等はご用意しておりません。
公演中はお子様から目を離さないようご注意ください。
※付き添いが必要な障がい者の方に限り、介護の方1名は入場無料とさせていただきます。(障がい者手帳を必ずご持参下さい)
※会場内での録音・撮影は一切禁止とさせていただきます。

4/2(火)金子マリ presents 5th element will

金子マリ presents 5th element will
[金子マリ(vo)北京一(vo)大西真(b)
石井為人(key)松本照夫(ds)
窪田晴男(g)森園勝敏(g)]

3/29(金)武藤昭平 with ウエノコウジ

「ウエノコウジ51歳誕生祭」
武藤昭平 with ウエノコウジ
DJ:CHIHIRO(Road/REV)
山口啓祐(Mr.CASANOVA/The Sessions)

3/28(木)UNCHAIN

「Get Acoustic Soul 2019」
UNCHAIN

3/27(水)THe FUCK GETS/匕首蝮/モンスターロシモフ

『THe FUCK GETS CD発売記念ライブ』
THe FUCK GETS
匕首蝮/モンスターロシモフ

3/25(月)山口洋(HEATWAVE)

『山口洋(HEATWAVE)  the boy 40 tour』
山口洋(HEATWAVE)

3/24(日)「IMAIKE GO NOW2019」

3/23(土)「IMAIKE GO NOW2019」

3/22(金)OOT SPECIAL[大島賢治(vo.ds)TERRY(vo.g)調先人(b)]/スランキーサイド

「OOT × スランキーサイド」
OOT SPECIAL
[大島賢治(vo.ds)TERRY(vo.g)調先人(b)]
スランキーサイド

3/21(木)The Oh! Jeans/空知堂/はーさんクラブバンド

3/19(火)"A" [マービン(vo.sax)橋本じゅん(g)大西真(b)湊雅史(ds)]

3/18(月)伊藤せい子(夕凪)/ナオユキ/遠峰あこ/寒空はだか

蛇腹と捧腹 番外編
「ムジカナゴヤカ」
西から……伊藤せい子(夕凪)/ナオユキ
東から……遠峰あこ/寒空はだか

3/17(日)小山卓治[磯部舞子] ゲスト:町支寛二

小山卓治〈夢の島〉発売30周年記念ツアー2019
小山卓治[磯部舞子]
ゲスト:町支寛二

20181216193122.jpg

20181216193139.jpg

3/16(土)第8旅団 with Special Horn Players

「第8旅団 結成40周年・新作CD付ライブ」
第8旅団 with Special Horn Players
[沖てる夫(vo.g)ジョン(g.vo)丸市(ds.per)
石丸Q(ds.vo)小鹿真(b)うかキョン(acc)]
horms:石渡岬(tp)ダイオン小林(sax)照喜名俊典(tb)

3/15(金)フルカワミキ÷ユザーン+ナカコー×沼澤尚=内田直之

~フルカワミキ÷ユザーン 「小唄のちょい旅2019」~
フルカワミキ÷ユザーン+ナカコー×沼澤尚=内田直之

フルカワミキ(Vocal, Synthesizer ,Bass)、ユザーン(Tabla, Kanjira, Mic tapping, Trivia and NarraCon )が結成したポップ且つ新感覚なワールドミュージックを展開する異色のタッグ「フルカワミキ÷ユザーン」。最初はライブ限定ユニットだったが、評判に答え2017年3月にカセット、2018年4月にLPの発売をへて、「フルカワミキ÷ユザーン+ナカコー×沼澤尚」とうユニットで、フルカワの地元である八戸でLiveを行ったそのライブも限定のつもりだったが、チケットは完売し大盛況。またまた評判に答え、今回はサウンドデザイナーとして、内田直之を迎え、ツアー「小唄のちょい旅2019」を3月14日甲府桜座、3月15日名古屋TOKUZO、3月17日取手Atelier ju-touで開催する。カセットで発売された「八戸小唄」「通りゃんせ」、LPで追加発表した「B&G」「苔のうた」や、このツアーのために書き下ろしたフルカワミキ÷ユザーンの新曲も演奏される他、フルカワミキのソロやスーパーカー時代の曲もリアレンジされ演奏する予定。アンビエントポップな世界観とフルカワとユザーンのユニークなトークも見所。

◆フルカワミキ
1997年 SUPERCAR スーパーカー(B/Vo)としてデビュー。解散後2006年よりフルカワミキとしてソロ活動を開始。
2018年は、所属するバンドLAMA「Alternative #1」、フルカワミキ÷ユザーン「KOUTA LP」を発表。
他、VOCALOID「SF-A2-miki」に声サンプルの提供、NHK子供番組の楽曲コーラス参加、CMの歌唱、作品のアートワーク制作や写真展参加など多岐に渡る。
また、2016年より自身の音楽作品や国内外のセレクトしたアイテムを取り扱っているWEB SHOP「BAKE CAKES SHOP.」を運営している。
Official Website → miiikiii.com


◆U-zhaan(ユザーン)
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等をリリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。15年、Ryuichi Sakamoto + U-zhaanとして「Tibetan Dance / Asience」を7inchレコードで発表。16年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となった。17年に蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』、18年にはフルカワミキ÷ユザーンとして『KOUTA LP』をリリース。
http://u-zhaan.com


◆Koji Nakamura
ナカコーことKoji Nakamura。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。その後、ソロプロジェクト「iLL」や「Nyantora」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ、田渕ひさ子、牛尾憲輔と共にバンド「LAMA」として活動。そして、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。同年10月には大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。現在は、Koji NakamuraとアンビエントプロジェクトNyantoraや、ダークロックユニット「 MUGAMICHILL(ナスノミツル・中村達也、ナカコー)」を中心に活動中。また、音楽は有機的に変化するものをテーマにストリーミングオンリープロジェクトプレイリスト(≒アルバム)「Epitaph」を展開中。2週間~1ヶ月程度に1度に2~3曲程度アップロードされている。


◆沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK,AL.McKAY&L.A.ALL STARS,NED DOHENY,SHIELA E.などのツアー参加をはじめ数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。2000年に帰国してから数えきれないアーティストのレコーディング/ライブに参加しながらシアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,Koji Nakamura,大貫妙子,河村隆一,臼井ミトン,大塚愛,RABIRABI, さかいゆう,など様々なシーンで活躍するドラマー。
http://takashinumazawa.com/


◆内田直之
LITTLE TEMPO,OKI DUB AINU BAND,FLYING RHYTHMSのメンバーとしても活動するダブ/ミックス/レコーディングエンジニア。日本最高峰のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として国内外のアーティストから厚い信頼を得ている。

3/14(木)Japanese New Music Festival Petit/MANITATSU/Acid Mothers Guru Guru

「グルグル祭り2019」
Japanese New Music Festival Petit
MANITATSU
Acid Mothers Guru Guru
[マニ・ノイマイヤー(ds)河端一(g)津山篤(b,etc)吉田達也(ds)]

グルグル祭り2019
ジャーマンロック史に於けるサイケデリック・オリジネーターGuru Guruのドラム魔人マニ・ノイマイヤーが、欧米でカリスマ的人気を誇るサイケデリック・バンド「Acid Mothers Temple」の河端一、「サイケ奉行」でブリティッシュ・ロックと時代劇の融合を試みるロック番長・津山篤、そして驚異の変拍子ドラマー吉田達也(RUINS alone、高円寺百景、是巨人)を従えた、日独アンダーグラウンド春の祭典「グルグル祭り」。プログラムはまず吉田・津山・河端という日本アンダーグラウンドシーンきっての異能派音楽家3名による驚天動地抱腹絶倒、想像を絶する様々なユニットをショーケース的にパッキングしたユニットの短縮版Japanese New Music Festival Petit (赤天/ZOFFY/ズビズバX/Acid Mothers Temple SWR)。マニ・ノイマイヤーと吉田達也による型破り掟破りなドラムデュオMANITATSU。そして現在もドイツ本国でGuru Guruとして活動を続けるマニに「これこそがGuru Guruだ!」と言わしめた、河端一と津山篤とのトリオAcid Mothers Guru Guruが、今や本家Guru Guruでは演奏されない初期名曲群を再現する。

3/13(水)昭和爆音婦人会/野村麻紀/Yield Up JPN

20192214558.jpg

201922145545.jpg

3/10(日)THE PRIVATES/ブルボンズ/THE PSYCRONS

3/8(金)三宅伸治&the spoonful

『バースデーツアー』
三宅伸治&the spoonful
[三宅伸治(vo.g) 高橋”Jr.”知治(b) 茜(ds)]
※整理番号付き

3/4(月)すぱっつ/岡沢じゅん/ボーイスカウトブラザーズバンド

春の始まりはいつもワクワク♪「春に会おうよ」はそんな踊り出したくなる3組でお届けします。活動期間1年半、すでに色々なライブにひっぱりだこなボーイスカウトブラザーズバンドはメンバー全員が歌を作り、演奏し、歌うのが見どころ!岡沢じゅんくんの歌は寝る前に読む絵本のように優しくスーっと入ってくる。気付けばあなたも口ずさんでるかも!福祉施設のイベントやお祭りなど地元で大活躍なまさに老若男女楽しめるすぱっつは名古屋ではもはや説明不要!?ワクワクのにおいがしてきました。それではみなさん、春に会いましょう!(サキ)

3/3(日)バンバンバザール/サポート:下田卓(tp)Fuming(p)丸山朝光(Banjo)

「BAN BAN BAZAR LIVE 2019」
バンバンバザール
[福島康之(vo.g)黒川 修(b.cho)]
サポート:下田卓(tp)Fuming(p)丸山朝光(Banjo)

3/2(土)The原爆オナニーズ/BRAHMAN ※完売御礼!SOLD-OUT!

「TOKUZO20周年企画」
~TAYLOWの誕生日61回目~
The原爆オナニーズ/BRAHMAN 

2019214153310.jpg

 


 

3/1(金)私の思い出✕フジタユウスケ

「おこしやす!今池キャンプ」
私の思い出✕フジタユウスケ

201921103539.jpg

2/27(水)mei ehara/小鳥美術館

オフィス書庫企画巡回展
"on tour【セロファン】"
mei ehara
小鳥美術館

2019110111657.jpg

2/26(火)まりも

~ GOKIGEN MUSIC SHOW ~
まりも

2/24(日)Crying Nut/KiNGONS/ゲスト:THE PSYCRONS

「第二回 R&R日韓交流戦」
Crying Nut/KiNGONS
ゲスト:THE PSYCRONS

20181216192026.jpg

2018121619217.jpg

2/23(土)齊藤さっこ&Radical Humanism

齊藤さっこ&Radical Humanism
[山元ボラン卓(b)伊藤誠人(key)春日井直人(ds)]

201911119455.jpg

2/22(金)URBAN GROOVE-FITTERS [臼井ミトン(vo.g.wurlitzer)田中義人(g) 中條卓(b)沼澤尚(ds)]

「URBAN GROOVE-FITTERS Tour 2019 」
URBAN GROOVE-FITTERS
[臼井ミトン(vo.g.wurlitzer)田中義人(g)
中條卓(b)沼澤尚(ds)]

ブルース・ザ・ブッチャー、シアターブルック、OKI DUB AINU BAND等で活躍する沼澤尚と中條卓による最強リズム隊、独自の日本語アメリカンポップスを切り開く話題のシンガーソングライター臼井ミトン。そして奇跡の復活を遂げたケツメイシ、スガシカオ、中島美嘉等、数々のサウンドプロデュースも手掛けるギタリスト田中義人!メンバーのセレクトによる70~80’’sのカバー曲、そして臼井のオリジナル曲を演奏するリアルミュージシャンによるスーパーバンドの初ツアー!

 

2/21(木)eX-Girl/Chakran

20191200019.jpg

2/19(火)Acid Mothers Temple/Kinski(from Seatle)/Gofish

2019111184132.jpg

2/17(日)椎名慶治

Yoshiharu Shiina LIVE 2019「jump-ing -Type A-」
椎名慶治

2/16(土)ぶどう÷グレープ/テンゴ ゲスト 丸市

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ