ホーム>スケジュール>ジャンル>インスト

インスト

12/4(水)蜂鳥あみ太=4号とカリハサトSFC/ザッハトルテ/泉沢果那ニューオリンズピアノデュオ

「泉沢会-濃ゆい人々-」
蜂鳥あみ太=4号とカリハサトSFC
ザッハトルテ
泉沢果那ニューオリンズピアノデュオ

11/13(水)悠情アイリッシュ・ダンスバンド/蜂鳥あみ太with大須賀聡

「踊る赤提灯~欧州音楽乱れ打ち~」
悠情アイリッシュ・ダンスバンド
[悠情(fiddle)水野敦大(g)
奥村将和(per)リサ(アイリッシュダンス)]
蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)
[蜂鳥あみ太(vo)大須賀聡(g)原田忠(acc)]

11/10(日)Stance Tongue

Stance Tongue ワンマン
[中村友美(sax)小金坂栄造(g)高畠宏明(key)
石垣篤友(b)片桐伸和(ds)]

10/30(水)前田智洋(g)山本玲子(vib)

10/23(水)ULTIMATES/UpRah-M

ULTIMATES
[崎田治孝(ds)山崎貴大(ts)佐藤莉佳(as)
渡辺翔太(key.p)大城直人(g)梶祥太郎(b)]
UpRah-M
[チカ(vo)堀内学(g)村上聡志(b)片桐伸和(ds)]

10/22(火)THE ARAKURE

THE ARAKURE “Tour 2019 October”
THE ARAKURE
[永井敏己(b)米川英之(g)長谷川浩二(ds)]

9/26(木)さえずりな夜 [山村誠一・山田裕] ゲスト:ハセタク

さえずりな夜
[山村誠一(steel pan.per)山田裕(7st g)]
ゲスト:ハセタク(pandeiro)

スティールパンの山村誠一と7弦ギター山田裕とのアコースティックデュオ”さえずりな夜” 名義としての1st.アルバムをこの夏リリース。
パンのメロディーにギターアンサンブル中心のメローなサウンドから、ギターと打楽器による即興の醍醐味満載の曲、そして情景を奏でる物語な曲など、次なるフェーズへの出発とばかりにお互いの曲を4曲、そして競作曲と全オリジナル9曲を収録。
タイトルはポルトガル語で Vamos=「行こう」とpartida=「出発」を並べた言葉。
名古屋公演はパンデイロの伝道師ハセタクを迎えて!

■さえずりな夜プロフィール■
・山村誠一(steel pan、percussion)
学生時代フルバンドでsaxを吹き、‘80年代ラテン系パーカッショニストとして活動、
’90年代よりスティールパンに着手し、マルチ奏者・作曲家として現在にいたる。
リーダーバンド、ソロ含む過去13枚のCDをリリース。
ギターの押尾コータローとのDUOアルバムからは、ラジオテーマ曲、NHK・TVの背景曲などで使用、
有線放送には約400曲ライブラリーされている。
又、有山じゅんじ、中村善郎、二階堂和美、他CD制作や公演にも参加。
'15年第一回スティールパン世界大会に日本代表メンバーとして参加し9位入賞。
劇団四季「ライオンキング」大阪公演に楽師として出演。
コンサート活動の傍らRKC高知放送のTV番組にレギュラー出演等、演奏のみならず幅広く活動している。

・山田裕(7弦ギター)
低音に1弦多いブラジルの7弦ギターを駆使して、コードとベースラインとメロディの狭間を自由に行き来し巧みに操る。
あらゆるブラジル音楽に精通し、国内外の名プレイヤーとの共演も多数。
'03年と'07年にブラジルに渡り、ライブやレコーディング等でブラジル人達と音を交え、
'12年にはスペインに渡り、自身が参加するバンド「7sonora」で初のフルアルバムを現地で活動するキューバ人達とコラボ制作するなど、活動は多岐にわたる。
 

9/21(土)Drunken Fish「23周年LIVE」

「23周年LIVE」
Drunken Fish
[渡辺のりお(g)Donny.S(p)Ruben.F(per)
夏目純(ds)加藤雅史(b)]

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ