ホーム>レポート>ライブレポート>2019年6/24(月)25(火) 森山威男・村上"PONTA"秀一・松下マサナオ・石若駿・伊藤志宏
ライブレポート

2019年6/24(月)25(火) 森山威男・村上"PONTA"秀一・松下マサナオ・石若駿・伊藤志宏

“4つの核心”

TOKUZO20周年企画のこのイベントを発見した時、僕自身がドラムソロでも活動していることもあって、いま日本で一番みたいイベントだ!と興奮しました。そしてすぐにマサナオ君にメールして、すごいイベント出るねと。京都から見に行きたいと思ってると連絡をすると快い返事があり、二日目のライブを堪能することが出来ました。お店に入るとドラム4台と、それに囲まれてピアノが一台と言う見たこともないセッティングにまず驚き、その一日の始まりにワクワクしました。まずは若手No.1ドラマー石若駿くんがピアノの伊藤志宏さんとデュオで先陣をきり、20代とは思えない質の高さでフロアを一頻り沸かせ、二番手は松下マサナオ君がエレクトロやヒップホップ的なアプローチで攻めきると、三番手ポンタさんでやはり空気は一気に変わり、ボス戦突入な空気感の中さすがのプレイと音色に酔ったところで、森山威夫さんの登場。僕は念願の初見だったんですがとにかく音圧とエネルギーにすっかり吹き飛ばされまして、素晴らしく貴重な音楽経験となった一日でした。名古屋にTOKUZOさんような素晴らしい箱があって本当に嬉しい一日でした。これからも強い音楽を変わらずたくさん発信してください。20周年おめでとうございます!

(jizue/粉川心)

2021315153441.jpg

2021315153557.jpg

2021315153611.jpg

2021315153628.jpg

2021315153648.jpg

202131515374.jpg

 

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ