ホーム>レポート>ライブレポート>2019年6/22(土)柴田聡子×山本精一・23(日)山本精一×bikke×大友良英
ライブレポート

2019年6/22(土)柴田聡子×山本精一・23(日)山本精一×bikke×大友良英

Tokuzo20周年のお祝いを賑やかにやりたいなぁと思って、昨年の大阪ムジカジャポニカ移転記念企画からスタートした歌とギター中心の迷宮シリーズを、Tokuzoと御縁の深い方々と一緒にやらせていただいた2Days!「柴田聡子×山本精一」は、ソロと共演に心踊って最高潮。互いの歌や「休みの国」のカバーなども飛び出して、2人それぞれが持つ歌の世界観を存分以上に味わわせてくれた感嘆の一夜でした。「山本精一×bikke×大友良英」では、bikkeさんのソロに心の景色が拡がる中にお2人が加わりさらなる色と深さを。山本×大友のギターDUOでは、即興組曲かの如く、歌を通じて何か大きな力がぐぐぐーーーっと引き合った演奏で、とにかく圧巻の一言!終わった瞬間思わず感極まってガッツポーズ。こんな場面に直接触れられる…これこそがライブなんです!直後の楽屋でお2人も同じように興奮されておりました。最後のセット、3人の共演。特筆すべきは、「永遠のうた」。…三人三様の日々があり、背景があり。私達一人一人にもそれぞれの日々があります。その積み重ねがとても大切で。今後が穏やかであっても波乱づくめであっても、目に映る・映らない事、あらゆる事をこれからも感じて続けていくことなのだと改めて感じるライブでした。

(わっきー)

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ