ホーム>レポート>ライブレポート>2018年10/18(木)FLOOK
ライブレポート

2018年10/18(木)FLOOK

フルック10年振りの名古屋ライブは予想以上?の大盛況でした。実は10年前のTOKUZOライブの後メンバー間でいざこざがあり、そのまま一旦は解散してしまったという、正直ここTOKUZOさんは彼らにとってもいわくつきの場所だったのです。そんなことメンバーは覚えていたかどうかは知りませんが? 我々も若干の心配はしていましたが、しかしそんな過去の出来事など全く感じさせない10年前と同じ、いやそれ以上にパワフルで実に和気あいあいとしたチームワークばっちりのステージでした。結成当時と変わらぬメンバーそして、あくまでツインフルート(ホイッスル)ギター、バウロンという編成とインストにこだわり、それでなくてもワンパターン気味になりがちなこの手の音楽を、各自のテクニックとアイデアで唯一無二のサウンドを完成させたフルック ぜひとも次回は10年以上も出していないニューアルバム(今回のライブでも新曲がいくつかあった)を携えて来てほしいものだ。もちろんTOKUZOさんでね。最後にフルックのメンバーが「TOKUZOのサウンドがとても良かった。おかげで気持ち良く演奏できた」と言っていたことをお伝えします。TOKUZOさんありがとうございました。そして20周年おめでとうございます。

(今井日出男)

2019471846.jpg

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ