ホーム>レポート>ライブレポート>2018年7/30(月)林栄一(as)レオナ(tap)瀬尾高志(b)
ライブレポート

2018年7/30(月)林栄一(as)レオナ(tap)瀬尾高志(b)

~真夏の夜の夢~ あれから一週間が経過したが、今でも身体と心がまるで、別々の場所にあるような、これまで体験した事がない感覚に包まれている。「ジャズ」という音楽はそれほど詳しい訳でもないし、むしろ疎いくらいだが、林さんのお名前くらいは存じていた。ベースの瀬尾くんは寺田町さんを通じてもう10年近くのお付き合い。彼のパートナーでもあるレオナさんは昨年知り合った。ジャズ同様タップの世界なんてまったくの門外漢。タップダンスって芸人さんが幕間やCMでやる余興のようなもの、というイメージ。「彼女のタップを見たら概念が変わるよ」と聞いてはいたけれどまさにその通り!すぐに影響されてしまう私は数日後、amazonでタップシューズを買ってしまいました。サックス+ウッドベース+タップ。どんな音楽が産まれるのだろうか。なにせ初めての体験だから想像もつかない。余計な感情は持たぬよう、可能な限りフラットな状態で「音楽」を聴こう、楽しもう、と思った。実は最初の音が鳴ってから、この日の事はあまり覚えていない。決してもったいぶってる訳でもない。形容詞を並べれば並べるほど陳腐な文章になりそうだし、伝えたい本質からかなりかけ離れてしまいそうで。「誰にも言っちゃいけないぜ。あれは『真夏の夜の夢』。オレ達だけの秘密。」

(HOBOけいすけ)

2018924203656.jpg

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ