ホーム>レポート>ライブレポート>2018年4/29(日)「The Blues is Alright」~10年経っても、塩次伸二~
ライブレポート

2018年4/29(日)「The Blues is Alright」~10年経っても、塩次伸二~

塩次さんのNew Orleans Sessionの映像上映中、後ろ髪引かれる思いで退散、4時間超えの至福の宴はまだまだ続く…。4/29 シオツグの日 名古屋初開催。喧騒と笑顔!自分のなかで近くて遠かった、この地のブルース・シーンの充実ぶりの体感!まさにBlues Is Alrightな夜。この上なく楽しい時間を提供してくれた得三に感謝です。全てのセットが充実した演奏を聴かせてくれたのは言うまでもないのですが、自分にとってこの夜のハイライトは、1部後半に登場した伊藤、海付両君。ひとくせもふたくせもある先輩たちの中でのびのびとプレイする姿に楽しく高揚!このイベントを上から眺めていたであろう塩次さんも同じ思いであったのでは、自分のスピリットが「継承」されていることに、目を細めていたことと思う。それは、もちろんミゲル、村上両君 、そしてシーンを牽引してきた先輩プレイヤー達にも。プレイヤー、リスナーの違いはありますが、自分もかつて音楽を売るという場で常々心がけていたのが「継承」。自分の時代だけにこだわる意固地な音楽親爺を多々見かけますが、やっぱ「伝えようよ!」そんな思いも強くした夜でした。
PS:永井氏、入道氏による塩次さんの隠れエピソードはとても楽しかったです。

(松井順一)

2018528192634.jpg

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ