ホーム>レポート>ライブレポート>2018年3/26(月) UpRah-M/タナ・カミオとラックス/LOVE LETTERS
ライブレポート

2018年3/26(月) UpRah-M/タナ・カミオとラックス/LOVE LETTERS

1.LOVE LETTERS
清々しいほどの王道ラブソングの数々。メンバーの皆さんそれぞれの得意な音楽ジャンルがうまーく混ざり合って心地よい。大人の唄うラブソングっていいなあ。

2.タナ・カミオとラックス
のびちゃんことタナ・カミオの新たな挑戦、ドラムボーカル、ギター、ベース、この日からキーボードコーラスも加入。二日酔いで臨んだ前日のライブを反省して、今日はまだ呑んでません!と言い放ち、最後までビシッと決めて、曲を追うごとに、ひゅーひゅーと歓声が。3回目のライブとは思えぬ一体感。なんか幸せすぎて泣きました。

3.UpRah-M
のっけから学さんが、今日はギター担いだまま鉄棒懸垂7回できました!のMCでドヤ顔。かわいい。ボーカルチカちゃんはステージで呑むの似合うな~。ドラムの、どしんっとしたリズムと繊細なシンバル捌きにもうっとり。真夏のような開放感で、チカちゃんの、踊れるものならどうぞ~。の誘いでミラーボールの下はダンスホールに。アンコールは出演者入り乱れて、UpRah-Mの曲を。あれ?今日って月曜の夜だよね?ってくらいのハッピー感。ブルーマンデーなんて何処へやら。そして、この日も得三は音のバランスが最高でした。バンドっていいなあ。大人って最高ー!って思える夜をありがとう!

(村田くるみ ex.浦林くるみ、theSing2YOU)

201853184859.jpg

201853184919.jpg

201853184941.jpg

 

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ