ホーム>レポート>ライブレポート>2017年1/31(火)橋渡し
ライブレポート

2017年1/31(火)橋渡し

橋渡し[渡辺隆雄(tp)三宅伸治(vo,g)今井秀明(g)Itoigawa(g) 寺岡信芳(b)Brodaq(b)Dr.J(ds)ミズカミ(vo)]


“橋渡し“は2014年2月に1stアルバム「DoubleAx」をリリースするも、2か月後にバンマス橋本潤が逝去。橋本潤にとって初のリーダー作にして遺作となってしまったわけだけれど、その後も相方の渡辺隆雄(tp)を中心に、有志によって”橋渡し“の活動は続いています。2015年には、豪華仲間たちと共にライブ盤「LEGACY2015」をリリース。今や、”橋渡し“は文字通り”橋渡し“の楽曲を通してミュージシャンたちを”橋渡し“するプロジェクト名となっている、と私は思っています。そんな“橋渡し”の、今回のツアー・タイトルは“JUNCTION”。
橋本潤とも交流の深かった京都のバンド“スキマノザラシ”が全面サポートする中、三宅伸治、今井秀明、寺岡信芳らが参加。新曲も登場し、しかもその新曲の1つには三宅伸治が詩をつけて歌うという、とても意欲的で今を綴るバンドとしての心意気を見せつけてくれる内容となりました。バンマスを失いながらも今やる意味、というものを、仲間に支えられながら模索し続ける渡辺隆雄のリアルドキュメントを見た気がしたし、ここに終わりはないのだ、と強く感じた一夜となったのでした。

(えりみ)

2017723222219.jpg

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ