ホーム>レポート>ライブレポート>2012/7/16(月) 清水宏の名古屋の中心でミャーと叫ぶ
ライブレポート

2012/7/16(月) 清水宏の名古屋の中心でミャーと叫ぶ

演劇コメディアン清水宏の今回のミッションとは、昨年、CRAZY!ASSHOLE!とマジで大評判をとったエジンバラ・フェスティバル・フリンジに再び殴りこみをかける!!・・・・ためのスポンサー探しだ。滝のような汗と折れない魂で、裸一貫、ビジネスマン相手に日本銀行券を恐喝、いやいや、「要求」する無謀に挑戦したのだ。今まさにスクリーンには首都圏で見事なまでに玉砕する姿が映し出されている。企業より送られてくる「ご賢察ください」の文字。「オラオラオラオラ!」と筋書きなしで客に手拍子を要求するあのシミヒロに・・・・『ハリウッド版サザエさん』(!)など、映画予告のお約束のアオリを過剰なジェスチャーでパロって客を悶絶させるあのシミヒロに・・・・。

我々は知っている。ここからが彼の舞台なのだと。国内トップのタオル生産地である今治市でカメラマンにすら八つ当たりする迷走を繰り返しながら、ついに出会いは訪れる。そう、「挑戦」とは彼のためだけに与えられた言葉ではなかったのだ。そのとき我々の頬には一筋の涙が。何という無謀。何という挑戦。ついに彼は、国産タオルメーカーの雄の強力なスポンサードを得てエジンバラに旅立つ。そして、11月6日(火)、ここ得三にて凱旋報告公演の幕が上がる。さあ、君もまたコメディの常識を革命する瞬間に立ち会うべし!(上原敏)

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ