ホーム>あほ犬日記>あほ犬日記

あほ犬日記

1/10(水)

「新春芸能モーレツしごき地獄」ギターパンダ/ゴトウイズミ/エマーソン北村。
それぞれのソロが終わって、楽しみはやっぱりゴトウイズミさん主導の、寸劇ショー。エマーソンが、混じっているのも不思議な人脈だなぁと思ったのだが、なんと当店スタッフ林いずみも、出演者として駆り出され、なかなかの小芝居を観せた。林の訳さyとしてのデビューステージでありました。

1/7(日)

「新春お年玉ライブ2018」最終日は。ドラゴンズファンの為の映像とトーク「TOKUZO's DRAGONS Links」~2018年のドラゴンズに期待する自分達をけしかける!!~。
今年はさらに二人出演者が増え、総勢11人でのステージとなった。総合司会:KOI/小島祐未子。パネラー:坂田ブンテイ/長谷川巧/西本さゆり/村上聡志/今池ヴァイオレット/河合愼五/澤村桃/スパイク水野/森田裕。さてどのようになりますか、と思っていたら、前日に星野仙一さんの訃報が出て、今日の朝刊は星野さん一色。今日のプランを考え、資料映像等も揃えてくれているKOIちゃんと顔を合わせるなり、「どうしよう??」と途方に暮れる。考えた結果、予定どおり用意して来たプランで進め、一番最後にみんなで星野さんの映像を見ながら追悼しようという事に落ち着いた。楽しいかったのは20代の二人、澤村桃/スパイク水野が、積極的に喋ってくれること。微に入り細に入り実に詳しく、知らない情報も豊富に飛び出して来る。司会の二人の采配もよく、みんなが思った事を喋って、人の話もちゃんと聞く。そして何よりも、今年のドラゴンズに対して、純粋に楽しみにし、応援しようとしている気持ちがよく判る、いい集まりとなった。そして、最後にKOIちゃんが用意して来てくれた、星野さんの映像を観ながら、やっぱりみんなで泣いてしまったのであった。

1/6(土)

「新春お年玉ライブ2018」アメカル映画祭  坪井篤史・森ユースケ
主演ドキュメンタリー「シネマ狂想曲」が、全国展開真っ最中で、まだ当分、旬が続く坪井君と森君が、毎年行う~輝け!ワースト・ヴァリュアブル・ムービー・オブ・ザ・イヤー2017~も、毎年の恒例となった。つまり、去年公開になった映画の中から、罵倒に値する映画を、惜しげも無くこき下ろす企画なのであります。SNSには書かないで、ということで、内容は来た人にしかわからないということもあり、「シネマ狂想曲」ブームに乗って、びっくりするほどお客さんが押し寄せた。このアメカル映画祭、最初の頃は映画関係者や、映画マニアが集まっていたのだが、最近は一般的な広がりをみせ、年間そんなに映画を観ない人達も、二人の変わった人間を見物しに来るようになっている。中には、坪井君で人生救われたなどというお嬢さんも現われたりして、腰が抜けそう。判らないもんですね。イベント後は、二人と記念写真を撮る女性客が目白押しになるという珍事となっている。

1/5(金)

「新春お年玉ライブ2018」ガスパチョス/エレガント浜田/ツクモク。当店PA河野が率いるガスパチョス、新年のエレガント浜田で笑って。ツクモクが熱の入った演奏で盛り上げてくれた。僕は、年末から呑み続けで、すっかりへたっている胃腸をかばって、若干酒を控えてみる。

1/4(木)

「新春お年玉ライブ2018」バレーボールズ/The Magic Stones/the Tiger
まずは、The Magic Stonesの軽妙なステージで、開場が暖まったあと、なんと20歳と21歳のメンバーからなるthe Tigerは、若いのに、60~70年代のロックが好きという、変わり種。初々しいステージで気持ちがいい。そのあとバレーボールズで、50歳の年の差がある出演者をまとめられたかな、と思う。

1/3(水)

「新春お年玉ライブ2018」「pumpin'up the blues 新春編」澤田春彦(vo,g) セイジ(vo,g) 丹羽学(vo,g) 戸田真登(vo,g) 木田麻斗(b) 海付大地(ds) ウカイ☆チホ(as)白木佐也加(vo) マドモアゼル山本(vo,g) 石橋ヒロキ(vo,g) KOI(vo,harp) ミゲル(g) 村上聡志(b) かよ(ds)磯貝正太郎(vo) 横江鯖吉(vo,g) ミッキー井藤(vo,g) 木下和彦(g) 細井豊(vo,key) キン金城(b) 斉藤道夫(ds)森田裕(vo) 横山一明(vo,g) チャビー小林(vo,g) 伊藤コウヘイ(vo,g) 加藤エレナ(key) 倉本巳典(b) 早川泰弘(ds)
今年もライブ初めは、ブルースセッション。名古屋でブルースをやっている人達を、ベテランから若手まで、一堂に集めて4時間4セットとなった。東京から帰省途中組の細井豊、加藤エレナ、倉本巳典も加わり、名古屋ブルース界隈がどんな感じになっているか、ざっと見渡せるかと思う。ここ数年、20代の若手が少しずつ出てきて、少し層が厚くなった気がするし、中堅どころの人達のレベルアップも感じる。これは、星ヶ丘の「スローブルース」や、緑区の「アランプーサン」、新栄「OTIS'」が、地道にブルース普及をやってきたおかげだな。歌う人達が充実して来てもいる。4時間と、時間は長かったが、聴いていてだれる事は無かった。お得な年始めになったと思います。

12/30(土)

20回目となる大忘年会。今年の入場者数は 、去年と同じ160人ほど。今年も一年、ありがとうございました。

12/29(金)

HONEY MAKER/私の思い出/はいからはくち。パンク、ロックンロールは以の名物男、しのやんが主催する京都のRock-A-GoGo企画は、丁度TOKUZOが出来た頃と同じ時期から始まっていて、開店当初から月に2本くらいのブッキングをしてくれている。Rock-A-GoGo企画とは20年の付き合いとなるのだが、しのやんとは、オープンハウスで、コンチネンタルキッズがやっていた頃、80年代からの付き合いで、30年以上になる。たぶん、どちらかが死ぬまで付き合うんだろうな。そんなしのやんは、今年もざっと数えたら21本やってくれている。そして、終わってから必ずお客さん達との飲み会が始まるのである。ありがたや、ありがたや・・・。

12/27(水)

浜端ヨウヘイさん、久しぶりのバンド出演。カンザス・シティ・バンドの井上大地(g)BIGINなどのサポートをやってるカナミネケイタロウ(b)天才バンドのテシマコージ(ds)という布陣。テシマさんは、柔らかくてバネのある、とても好みのドラマーだった。初めてかなと思って聞いてみたら、随分前に出演したことが有ると言う。なんで憶えてないんだろう??

12/22(金)

毎年クリスマス前になると、うつみようこ & YOKOYOKO BANDがやってくる。今年は、ようこちゃん、4~5回来てくれたんだよね。ブルース・ザ・ブッチャーとの共演もよかったし、弾き語りも良かった。今日は自分のバンドで、ロックシンガー全開っ!昨今は、先輩達との共演も多くなって、色んなミュージシャン達とのパイプ役のような立場にもなって来ているのかもしれないな。来年も一層よろしくお願いします。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ