ホーム>あほ犬日記>あほ犬日記

あほ犬日記

6/18(月)

「pumpin’up the blues」。いつものように3セット3時間の充実したセッション。浜松から来てくれた濱崎淳史(vo.harp)さんが、「名古屋はブルースが盛んなので・・・」と言っていたが、本当かいな。そう言われれば一昔前に比べたら随分層が厚くなったのを感じるな。思えば、今の名古屋ブルースシーンの中心人物のひとり、マド山本くんは1999年5月に初めてTOKUZOに出演してくれている。実はその時のことを僕は憶えているのだよマドくん。ふふふ。
今回初めてブルースセッションに登場してくれたのは、片桐伸和(ds)くん。ブルースじゃない分野では、結構頻繁に得三に出てくれている、いろんな分野で活躍しているドラマーなのだが、彼のファンク魂にピンと来て、ブルースいけるんじゃないかと誘ってみた。本人も楽しそうだし、これからも一緒にできそうだな。よしよし。

6/17(日)

今日は、僕と同じく還暦の横山と一緒に、厄落としに行く。得三の学も厄年でどうせならと一緒にと、熱田神宮と縁の深い高座神社の井上君が知り合いなので、彼にやってもらうことにした。我々3人は、星回りが一緒らしく、3人とも今は気運がとてもいいのだそう。そりゃ良かったねぇ、と思っていたら、井上君が、嬉しそうにほくそ笑みながら、「ただし女難の相が出ています。」と言った。いいじゃないですか!女難カムカム・カムトゥーミーです。
 終わってから、一緒にopen houseをやる、得三のチカちゃんと合流、熱田神宮前で、メニューの相談をしながら飲む。熱田神宮前のシャッター商店街の奥の一角に、取り残されたような古い飲屋街があって、興味深かったが日曜日でやってなかったな。
 最後は今池へ戻ってきて、「クワット」でトドメを刺す。

6/17(日)

今日は、僕と同じく還暦の横山と一緒に、厄落としに行く。得三の学も厄年でどうせならと一緒にと、熱田神宮と縁の深い高座神社の井上君が知り合いなので、彼にやってもらうことにした。我々3人は、星回りが一緒らしく、3人とも今は気運がとてもいいのだそう。そりゃ良かったねぇ、と思っていたら、井上君が、嬉しそうにほくそ笑みながら、「ただし女難の相が出ています。」と言った。いいじゃないですか!女難カムカム・カムトゥーミーです。
 終わってから、一緒にopen houseをやる、得三のチカちゃんと合流、熱田神宮前で、メニューの相談をしながら飲む。熱田神宮前のシャッター商店街の奥の一角に、取り残されたような古い飲屋街があって、興味深かったが日曜日でやってなかったな。
 金山で少し飲んで、最後は今池へ戻ってきて、「クワット」でトドメを刺す。

6/16(土)

本日は、安藤伸と我が家で、昼の1時から夜10時までopen house店内のスケッチ。僕が書いた平面図と、伸が書いた天井図を元に、側面のプランを考えながら、伸がスケッチしてゆく。何枚も絵を描いてゆくうち、全体のイメージが明確になってゆく。立体は大変だ。特に今回は床の段差があるので、複雑なのだ。カウンターを、ハイチェアじゃなくてスタンダードチェアにして、なおかつバーテンとの視線を合わせたいという野望があり、そこになをかつ排水の勾配問題も絡み、複雑なのよね。そして、内装デザインのプロではわからない音響の廻り問題があるので、人には絶対任せられないのですよ。
 飯も食わずに9時間二人で図面を書いて、店へ戻ってPAの福井としお氏とPA、オーデイオ関係の打ち合わせ。ライブは週末しかやる気ないので、普段はバー営業。決してBGMではなく、なおかつ、ちゃんと飲み屋の会話が成り立つ音響システムで、アナログレコードを回したいというのが、そちら方面の野望。秘策ありですが、うまく行くかどうかやってみなくちゃわからない。25年間寝かせていた、放送局用のターンテーブルがお目見えするかもよ。オーディオつったって、録音のいいクラシックを、目をつぶってじっくり聴くというような事では全くないので、店自体の「鳴り」が勝負になってくると踏んでいる。そして、その空間が、ライブ時も最小のPAでうまく音を廻してくれるのではないかという、これもまた野望です。
 レンガ割ります。得三の壁面にあるレンガを、また積みます。レンガ割り職人はいくらいても足りません。なにがクラウドファウンディングだ。うちは、レンガ割りの肉体ボランティア募集なんじゃっ!!
 と言ってるうちに、深夜12時なって、今年の今池まつり、第一回目の会議。ワラワラと集まってくる、商店街のまつり戦士達。みなさん、やる気満々ですなぁ。特に去年から、北商店街が活発化している。去年の、ひどい台風騒ぎで、各会場お互いの人間がよく見えて、風通しが良くなった感じがするなぁ。誰も儲からないっていうのは、本当に気持ちのいい関係性を生みますね。

6/15(金)

「新open house」に従業員が欲しいのだが、ただでさえ飲食業は人件不足。まわりの店でも、軒並み困っているという話を聞く。なんでも、メイエキでは、箸にも棒にもかからぬガクセイバイトに、時給1300円払うという噂も耳にする。全部で6人ほど欲しいのだが、今決まっているのは2人。中心になる人がもう二人くらい決まらないと、困っちゃうな。TOKUZOも若い女の子募集してるが、なかなかこない。働いたら、絶対充実感あると思うんだが、きっと、そんなことは求めてないのだろうね。とにかく、TOKUZOもopen houseも大募集してますから、我と思わん方はTOKUZOまで、連絡ください。

6/13(水)

昼に、朝日新聞が今池の取材に東京から来て、色々話をするのと、今池まつりの助成金の申請で、名古屋市の職員と話すのと、ダブルブッキングで、狭い商店街事務所で二つの打ち合わせが同時に行わるという前代未聞のことになった。間は1メートルくらいしか離れていません。両方の話がごっちゃになって、何が何やらわかりませんわ。そうそう、今池まつりは今年30周年ですぞ!!
 ライブは、3回目となる梵人譚[坂田明(sax)ジム・オルーク(b)ジョバンニ・ディ・ドメニコ(pf)山本達久(ds)]それぞれの立場が、より対等になってきた感がある。有る意味の成熟。しかし、坂田さんは元気だなぁ。最後まで元気に飲んでいたぞ。4時くらいかなぁ。

6/12(火)

MASSA[佐藤正治(per.vo.g)細井豊(key.acc.etc)太田恵資(vln.vo)]久しぶりのMASSA。佐藤さんも、太田さんも、ああ見えて実は結構やんちゃ。ユタさんも、ああ見えてオマワリは大っ嫌いなんですよ。昔から音楽やってる人たちは、たいていフリョーです。

6/11(月)

高円寺百景とRyochestraの、めくるめく演奏をバックに、新店舗の図面に手を入れる。ここには、これが必要だ。ここは、こんだけスペースほしいな。従業員は、ここから出入りできないとまずいな。あ、いけねぇ、水回りはこっちにないといけないのか。あちこち、頭がこんがらがってくるのは、演奏のせいかいな。
昔、帳簿をつけながら、ASA-CHANG&巡礼の「花」を聴いていたら、全く計算がデタラメになってしまった事があるが、高円寺百景とRyochestraも、色々計算しながら図面を描く作業には向いてないですな。ねじれたような店になってしまいます。

6/10(日)

6/10(日)歩いて2分のところにある、ライブハウス「パラダイスカフェ」。今の体制になったのは割と最近だが、店自体はTOKUZOなんかよりずっと古い。30年以上やってんじゃないかな。そこの今の店長、井口君は、去年から「今池まつり」でも活躍してくれたのをきっかけに、付き合うようになった。付き合ってみると、かなりバカで面白い人だと判明。「おまんこ大将」という名前がついた。今池まつりのこともあって、今日は「オマタイ」とライブ終了後に飲むことにした。初めはまつりのことや、店のことを色々話していたが、当店林が途中から話の輪に入り、「オマタイ」はどんどんビールを飲みだして、なんのことやら判らなくなりましたとさ。めでたし、めでたし。
パラカフェは、なんと地下鉄から繋がっていて、雨に濡れずに行けるし、なんとグランドピアノが有るのですよねぇ。キャパは、満員で50くらい。飲食も頑張っているし、ちょっとうらやましい場所です。

6/7(木)

昨日、五島さんのライブで来たエレナが、居残りで名古屋にいるというので、久々に飲みに行く。デート言っても、延々と飲んでいるだけ。「ひよし亭」で野球を見ながら飲んでいたら、2点差を9回裏に追いついて、延長10回平田の内野安打でサヨナラ勝ちっ!!久しぶりに、ちょっとゆっくりした1日でした。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ