ホーム>あほ犬日記>あほ犬日記

あほ犬日記

4/29(日)

僕的に今月の目玉は本日の「The Blues is Alright」~10年経っても、塩次伸二~。昨年から永井ホトケ隆先輩に言われていた、日本ブルースの原点であり、ナンバーワンギタリストであった、塩次伸二さんの10回忌イベントである。最後のセットは、塩次さんの一番弟子といってもいい、晴ちゃんこと田中晴之さん率いる「8823」にホトケさんと、名古屋久々登場の入道のセット。その前のプランを任されたので、新旧取り揃えた中部地方の選りすぐりで2セット組んで、全部で4時間に及ぶイベントにしてみた。ここ数年、正月恒例のブルースセッションが、長丁場にも関わらず、全く飽きがこなくて面白いので、この日もダレることはないのは確信していた。
 最初のセットは、塩次さんと直接の交流は薄かったが、中部地方で現在活躍する中核のミュージシャンたちと20代の若手たちに、緑区でアランプーサンという店を構え、15年以上名古屋のブルースを支えている斉藤を加えたセット。二番目のセットは、30年以上前から名古屋のブルースシーンにいて、塩次さんとも交流のあった人たちで、長い付き合いのセット。入院治療で来れなかった、近藤房之助と並ぶ名古屋のパイオニア、石河光也さんと、僕と同世代で一番塩次氏に近かった木下和彦が、仕事で参加できなかったのが残念だったが、四日市の喫茶YOUという店で、僕が20歳の頃から何一つ変わらずカセットで黒人音楽を普及し続けている鉄人・金ちゃんも参加してくれて、充実した演奏となった。
 そして最後に、8823 with 永井ホトケ隆(vo.g)入道(vo.harp)というメインアクトで締めくくった。久々に見る入道が、70年前後のジュニア・ウエルズとバディー・ガイのコンビを彷彿とさせる、音の隙間スカスカでニュアンスたっぷりの演奏は、魅力的だった。
 ホトケ、入道も含め、塩次伸ちゃんたちの世代は、日本にブルースが全くと言っていいほど紹介されていなかった時に、穴があくほどレコードを聴き、必死でブルースという音楽を探ってきた世代で、ビデオも教則本も全くないところから、コードフォームを解明したり、今では考えられない気の遠くなるような作業を繰り返してきた人たちだ。その下に僕たちがいて、今日一つ目のセットで演奏した人たちが続いている。やっぱりパイオニアは凄いな。その凄みをしっかり胸に刻んで、次に伝えていかないとな、と改めて思う。
 ライブ終了後、亡くなる前の年に、伸ちゃんがニューオリンズで、パパ・グロウズ・ファンクと演奏している映像を見たり、パイオニアたちが初めて本場のブルースに触れて、全員がひっくり返ったという1971年NHK放映のシカゴブルースのドキュメンタリーを見たりして、さらにその思いを強くして1日が終わったのは、深夜だった。

4/26(木)

Carlos Johnson with OSAKA ROOTS[久米はるき(vo.g)南あやこ(sax)三木電(b)前田和彦(key)ローリーアダムジョンソン(ds)]。カルロスは、1953年生まれの65歳。1970年に17歳だったというから、シカゴ出身の彼は、ギリギリ、ヴィンテージのシカゴブルースシーンを垣間見ている世代ということか。最後のシカゴブルースマンといっていいのかもしれないね。リズムのキメにのって演出をするのが、彼の特徴なのだが、OSAKA ROOTSの面々は、それによく答えていて、タイトにカルロスのスクイーズ・ギターを際立たせていた。女性サックス奏者を紹介するときに、「セッックスフォン!ギャハハハ」とガックリくるような、おっさんギャグをかましたりもするが、エグリこんでくるようなギターはさすがっ!!元気に深夜まで飲み続けるカルロスに、See You Next!!!
 opening actを務めたRockin' Fiveは、名古屋の若手No1ブルースバンド。伊藤滉平(vo.g)橋本真勇(vo.g)濱崎淳史(vo.harp)木田麻斗(b)海付大地(ds)という編成で、頑張って気合の入った演奏を繰り広げた。20代のパーマネント・ブルースバンドなんて、長らく名古屋にはいなかったんじゃないかな。これは本当に嬉しいことだ。もう2~3バンド現れてこないないかなぁ!!!

4/25(水)

渡辺のりおトリオ[渡辺のりお(g)村上聡志(b)鳥居亮太(ds)]special guest:ミゲル(g)。のりおトリオは、ジャズっぽい曲を中心にやっているのだが、ミゲルがゲストに入ると、ファンクチューンになる。二人のギターの対比がとても面白くて、いいぞいいぞと体が動くのありました。この二人は、名古屋が誇るギタリストですな。村上、鳥居もよかった。

4/22(日)

ドームへ広島戦を見にいった。広島相手に2連勝してしまったので、さすがに3連勝は無理かもね、と思っていたのだったが、なんと3タテくらわしてしまったぜ!!開幕戦3連敗のお返しじゃぁ!!うれしいねぇ!!!

4/21(土)

ROVO。終わってから、カウンターで芳垣氏と、正文館・古田さんを挟んで喋っていたら、何の弾みかしらんが、古田さんが、子供の頃の苦労話をし始めた。初めて聞く話が多くて、びっくりしたなぁ。ずいぶん笑ったのだったが、なんであんな話する気になったのかなぁ・・・。

4/19(木)

ハモニカクリームズ[清野美土(harmonica)長尾晃司(g)大渕愛子(fiddle)]。2回目となるハモニカクリームズ。ブルースハープを駆使してケルトっぽいダンスメロディーを、路上芸人のような逞しさで吹きまくるといった感じです。ガッツあります。

4/17(火)

「私はあなたのニグロではない」という映画の試写に行く。随分と思い切った邦題だが、ジェームズ・ボールドウィンの原作「I’m not your NEGRO」を、もろに直訳しただけである。アメリカの置ける人種差別について、公民権運動からいまに至るまでのドキュメンタリーであり、監督のラウル・ベックは、「ルムンバの叫び」とう映画を見ていたので、アフリカ人かなと思っていたら、ハイチ生まれで、ハイチの文化大臣も務めたことがあるらしい。非常に説得力のあるインタビュー・コメントが、あちこちに散りばめられていて、刺激的。そして、こういう骨っぽいドキュメンタリーのナレーターも、やっぱりサミュエル・L・ジャクソン兄貴なのが、嬉しいぜっ!!
 

4/15(日)

tio/韻シストBAND。韻シストBANDが、とても僕好みのバンドで嬉しかった。HIPHOPグループのトラックを作っているチームらしいが、生演奏でゴスペルっぽくサム・クックの曲までやったりする、いいバランスのバンドだった。ライブ後、僕は打ち合わせがあって、すぐに店を出ちゃったのであるが、今度来てもらえたら、少し話してみたいな。tioの連中は四日市在住だと聞いていたので、僕は津出身なんだよね、と声をかけると、予想以上に親近感を持って話してくれる。昔は津には輸入盤を売ってなくて、四日市の白楊書店まで行ったりしたんだよね。と話す。

4/14(土)

jazz inn Lovelyへ、近藤房之助バンドを聴きに行く。メンバーは、以前からやっているパンデイロの宮川剛さんと、僕は初めてだった柳原旭さんという若いベースマン。音数の極めて少ない、リズムの輪郭を強調したバンドで、緊張感で聴かせる。
 終わった後、Lovelyのマスターと久しぶりに少し飲んだ。同業者の話あり、馬鹿話あり、ちょっとした相談もした。本日は、バイトの理紗子が最終日だったので、一旦得三に帰って、深夜に房さんが呑んでいるOTIS’へ向かう。房さんとも久しぶりに飲んだ。

4/13(金)

チエコ・ビューティー & にゃ~まんず[チエコ・ビューティ(vo)土生"TICO"剛(スティールパン)ワダマコト(g)長山雄治(b)]。初得三のチエコさんだが、実は25年くらい前にクアトロかなんかでやった時に会ったことがあるんですよね。松竹谷清がギターで一緒にやっていたので、見に行ったのだった。今回のバンドも個性的で、一癖あるミュージシャン達。ワダマコトさんは、普段の生活も結構面白い事をしているようで、そういう話もしてみたかったが、今回は一緒に飲めなかった。今度ね!!

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ