ホーム>あほ犬日記>12/18
あほ犬日記

12/18

 思えば2020年の暮れから愛知県全体に時短要請がでて、これから一体どうなることかと大きな不安を抱えて迎えた正月だった。大晦日から三日間は家で呑むのだが、その間ストレスで寝ている間に歯ぎしりをしていたようで、両奥歯が使いものにならなくなり、流動食のようなものしか食えないような状態になってしまった。緊急事態だからといって、何もやらないのは絶対駄目だな、ろくな事が無いなと思ったのだった。時短だと言われようが、酒を売るなと言われようが、とにかく何かやっていようと動き続けた2021年、イレギュラーなことが多かったけれど、バタバタとそれなりに充実した一年だったと思う。なんとか年末にこぎ着けられてホッとしています。旧年中は、ありがとうございました。2022年は、ウィルスの弱体化と、治療薬の登場で、ずいぶん気が楽になるんじゃないかな、と思ってます。
 そんな中、新制立浪ドラゴンズの新人、ブライト健太選手が背番号42で入団した。子供の頃に観た、黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソンの自伝映画「42~世界を変えた男」に感銘を受け、その番号を選んだという。今でこそ大リーグではJ・ロビンソン・デーという、全選手が背番号42をつける日が有ったりして、日本でもその存在が知られているが、僕が子供の頃は、42番は「死に」番号だから日本人はつけないのだと教えられた。だから42は外国人がつける背番号なのだという話だったが、当時の外国人選手の中にも、その番号を誇りにしていた人がたくさんいたのであろう。
 ジャッキー・ロビンソンは、ブルックリン・ドジャースの選手だった。ドラゴンズのユニフォームは、元々ドジャースの真似をしていて、チーム名も筆記体でよく似ているし、チームカラーもほぼ同じである。ガーナ人の父と日本人の母を持つ肌の色が黒い背番号42番のブライト健太選手は、ジャッキー・ロビンソンとほとんど同じ姿でグラウンドを駆け回ることになるのだ。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ