ホーム>あほ犬日記>3/17
あほ犬日記

3/17

 またまた名古屋近辺で活動する人達の本が出た。なんだか、最近出版関係が多いな。
 まずは、「名古屋の富士山すべり台」。名古屋在住の方なら公演にある富士山型のコンクリート遊具を見たことがあると思う。あれ、実は名古屋発祥なのだそうだ。その富士山すべり台を長年追いかけて写真に撮り研究している人が、まさかというか、やっぱりというか、いたのである。牛田吉幸さん。その研究の成果を編集の大竹俊之と共に、余すところなくまとめたのがこの本。名古屋近辺に現存するすべての図鑑から、その歴史、制作者の声、そこから派生するいろんなバリエーション遊具、撮影指南、公園遊具の在り方考察などなど・・・。まぁ、知っていてどうなのか、と言われればそれまでだが、ちゃんと人々が精魂込めて作ったモノはとても楽しく、愛おしい。今度どこかで見つけたら絶対滑ってみよう!
 もう一冊、「ここでのこと」は、愛知県にゆかりのある9人の歌人が、それぞれの場所を思いながら作歌したオムニバスの歌集。東山にあるON READINGという本屋さんが作った本だ。贔屓目になっちゃうが、場所に今池を選んでくれた野口あや子さんに、やっぱり気持ちが傾きますな。すでに何冊も歌集を出し、今は小説やエッセイ等も発表している若き才能で、得三やオープンハウスで、何度かお会いしたこともある。全部で14首あるが、どれも今池の匂いのようなモノを放っていて嬉しくなります。もちろん他の人達の作品も興味深いので、是非とも御一読を。とてもいい装丁の出版元が、ELVIS PRESSというのもビビッときますな。
 この二冊の本の出版記念イベントが4月に得三で行われます。5(月)に「富士山すべり台」8(木)には「ここでのこと」、著者達によるトークイベントで、さらに面白い世界に突入してください。詳しくは、スケジュール欄でお確かめください。
P.S.実は、野口さんと今池商店街のコラボレーション企画も浮上しており、4月には展開してるかも。こちらもお楽しみに!!

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ