ホーム>あほ犬日記>10/17
あほ犬日記

10/17

 かつて、戦争直前の空気の中で、笑いのセンスが急落し古参漫才師が嘆いていた事に関して、徳川夢声が「つまり、客は不安で浮かれているのだ」と述べたという。今思うとこのコロナ騒ぎ、なんだか4月5月は、みんな「不安に浮かれていた」んじゃないかと思ってしまう。今回のことは、必ず歴史に残る一大事件だと思うが、はたしてそれが何だったのか、どういう騒ぎだったのかということは、何十年か経って暴かれるのではないか。
 ライブ再開した6月13日から、地元のミュージシャン達を中心に、ライブをやってきた。着席してテーブルがあり、ある程度距離を保って聴ける形が定着している得三のようなライブハウスが、まずライブを続けていかないと、その次が始まらないと思ったのだ。限定人数でお客さんが少なくても、なんとかやってくれるのは、地元の交通費・宿泊費のかからない人達だった。お客さんも、近隣の人が中心だった気がする。ミュージシャン達は、こちらが誘うとほとんどの人が「やろう!やろう!」と快く引き受けてくれて、連日店としての風景が成り立っていくのは、本当にうれしく、お客さんも含め地元の人達と、今までより一層つながりが出来たような充実感がある。こういうことが、コロナが明けた次に、なにがしかの形で繋がっていくのだと実感している。転んだ先で百円拾ったようなものだが、その百円は千円に化ける。
 東京は名古屋と比べてまだまだ状況が厳しそうなのだが、ライブハウスで動いているミュージシャン達は、9月くらいから少しずつ動き出している気がする。この間、配信ライブという形態が浮上して、演る方も観る方もそれなりに、精神を保つ助けにしてきた気がするが、やはり、実際動いて、お客さんの前で演奏をしたり、生演奏をその場で聴いたりすることの価値と意味を、今更ながらに感じ取っている人達は多い。
 冬場になって再度感染が増える可能性も大いにあり、予断を許さないが、みんな少なくとも「不安に浮かれる」事に対する免疫はすでに持っていると思う。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ