ホーム>あほ犬日記>10/28(土)
あほ犬日記

10/28(土)

尾張名古屋セニョールズ「漁師町ブルース」の二日目。山田洋次映画になりそうな話では有るのだが、印象は天と地ほど違うんであります。主人公かと思われた浜田が、始まって10分くらいで死んじゃうし、じゃぁ誰が主人公かと言うとはっきりしない。死んじゃった浜田も、最後まで存在感を失わず、物語の中に生きている。舞台真ん中から下手に漁船、上手には暖簾を挟んで小料理屋のカウンターと言う、シュールな舞台セットも、なんとなく不自然さを感じさせない。例の如くミュージカル仕立てで、バックトラックから全部浜田が作ったと言う新曲の「なんとかブルース」というので、破壊的に爆笑した。3回も出て来るのだが、その度に驚愕するのだ。ピュアミートボールズがいることで、細かい芝居も観られて充実していた。今池ヴァイオレットも芝居が板について来た。そうか!「板について来た」というのは、こういうことを表す舞台用語なのですね。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ