ホーム>あほ犬日記>7/23(日)
あほ犬日記

7/23(日)

YSM[柳川芳命(as)鷲見雅生(b)木全摩子(ds)]/TRIAS[加藤雅史(b)金子ユキ(vln)十三(ds)]/pd + 竹内直(ts)[大森菜々(pf)酒井美絵子(ds)]というインプロ3組で、企画は元「七味唐辛子」残党の千葉ちゃん。「七味唐辛子」は、70年代から80年代にかけて、名古屋でフリージャズ中心のプログラムを組んで主催していた企画集団である。僕自身が係わっていた訳ではないが、80年代の後半にはオープンハウスで、七味残党による企画をやった。ジョン・ゾーン、ペーター・ブロッツマン、ジョセフ・ジャーマンなどなど、名だたる人達を生で聴けたのは、そのおかげだ。七味の中では若い方のメンバーだったのが千葉ちゃんで、彼は今でも、色んな所に顔を出し、色んな企画を考えてはやっている。
 まずは、中部フリー界の重鎮、柳川芳命さんの新ユニット。柳川さんは映画「エンドレス・ワルツ/若松孝二監督」の阿部薫のサックスを吹き替えした事でも有名だが、今回のメンバーは、地元の岐阜在住のメンバーだけだとのこと。地元のメンバーだけで、フリーの演奏が出来るようになったことに感慨ひとしおだ、といった事をおっしゃっていて、とても嬉しそうだった。僕にとっては、それよりもベースが鷲見君だった事に驚く。鷲見君は、得三のごく初期のスタッフで、まだ二十歳そこそこだった。その後、名古屋のロックバンドで活躍しているのは知っていたのだが、最近はフリーっぽいセッションなんかでもやってるんだなぁ。久しぶりに会えて嬉しかった。
 次のTRIASは、千葉ちゃんがメンバーを繋いで、最近何回かやっているユニット。ベースの加藤さんは、名古屋ジャズ界の重鎮で、僕が10代だった頃からラブリーを始め色んな所でプレイしていた人。最近は遂に昼間の仕事を辞めたそうで、やる気満々ベース生活に入ったのかっ!てな感じ。インドバイオリンの金子ユキちゃんと、ドラムの十三君というトリオ。加藤さんの歌うベースのインプロも楽し。
 最後は、最近話題の若い女子によるインプロ二人組pd に、唯一東京からのゲスト竹内直(ts)。pdは、以前聴いたときより、全然よかったな。さすがバンドだけ有って、互いの手の内を熟知したpdに、武内さんの縦横無尽なサックスが絡む、聞き応えのある演奏。3組それぞれが充実した演奏で、満足の一日だった。
 そして、この日はなんと森山威男さんが客席に来てくださっていて、終わってからも残って呑み続けてくださったのだ。何となく緊張する僕であったが、一緒になって呑み、楽しかったなぁ。森山さん、元気でなによりっ!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokuzo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/659

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ