ホーム>あほ犬日記>あほ犬日記

あほ犬日記

6/14

 今度の9月1日に、得三は24周年を迎える。コロナ禍で2年間やれていなかった周年企画を、今年こそはやりたいなと思い、この一年の得三のトピックって何だろうと考えていた。この一年で、新鮮だった出来事はいくつかあるのだが、その中の一つが、通称「漫才マイク」と呼ばれるSONY C-38Bマイクロフォン(サンパチ)との出会いだった。そのあたりは、今月の「楽屋の便所から」に詳しいが、その後、店でも一本購入することにした。モニターが使えない等、かなり制約があるのだが、ステージでの演奏のニュアンスが、とても自然な空気感で伝わってきて、とても豊かな気分になる。
 サンパチは、広範囲集音が可能なので、すこし離れた所にセッティングして一本のマイクで唄もギターも同時に拾う事が出来る。マイクの位置で鳴っている、全体の生の音を広範囲にそのままのバランスで増幅するのである。その特性を生かして、今広く漫才や落語でも使用されており、通称「漫才マイク」とも言われているのだ。
 いとうたかお氏が、オープンハウスのライブでサンパチを使い、その後二人で飲んでいた時に、小室等さんをあのマイクで聴きたいね、と言う話になった。1960年代初頭のフォークのコンサートでも、1〜2本のマイクに複数のメンバーが円を描くように集い、それぞれがマイクに近づいたり離れたりしながらバランスをとり演奏する姿があった。かつて、小室さんもそのよう演奏していたのではないかというイメージも膨らむ。
 「小室さんと、いとうさん二人が、それぞれサンパチ一本でやって、最後に一本のマイクに寄り添って二人で合奏というのを、やってもらえませんか。」という打診をしたところ、二人から即効一発OKをいただいて、それを、得三24周年企画でやることになった。
 二人の繊細だが強さを持った、歌やギターや足踏みや、すべての音をまるごとお届けできるかな。音楽が空気を伝わって僕たちを包むのが実感できたらいいなと思う。

5/18

 立浪ドラゴンズが、なかなか楽しいことになっていると思いませんか?やっぱり二十歳前後のフレッシュな選手達が、未熟ながらも、個性を発揮しながらグラウンドを走り回る様は、とても魅力的で活力をもらえますな。現在、その何人かがコロナ等で離脱している真っ最中ですが、それでも変わって出てくる選手達にも活気があって、目が離せません。ここへ来て、実は選手層が厚かったのではないかと思わせますな。こりゃ、優勝争いに絡んできますね。ワクワクします。
 コロナも、多分夏にはいろんな事が解除になるような気配を感じますが、どう思われますか??そんな中、9月の今池祭りは開催する方向で準備を始めています。ただし、今の時点で全開でやると決めるわけにはいかないし、二年間のブランクで、いきなり今までの通りにやれと言われても、かなり無理がある。さらに、もし中止になった時のことも頭の隅に置きつつ、若干縮小した形での開催となりそうです。地元に縁のある人達の、待ちに待って溜まりきったエネルギーが二年間醸造されて、従来よりさらに純粋で濃厚な今池魂のようなものを二日間表出できれば最高です。ある意味で、原点回帰であり、現時点の確かな立ち位置確認が出来れば、今後の展開が見えるかなと思います。商店街一同、全力で向かいますので、宜しくお願いいたします。
 二軒のお店の方も、全開全力で営業中です。こちらはすでに助成金も何も無い状態で、条件的にはまったくコロナ禍ではありません。今が勝負所で、いかにここを踏ん張るかが、問われるところであります。得三の深夜については、まったくお客さんが来なかったらどうしようと懸念していたのですが、仕事をはねた飲食店の仲間達も来てくれたりして、思ったよりは賑わっています。そこで、さらに追い打ちをかけようではないかと、深夜三時のいかした店内演出を企画中。一日の一番最後の深い時間を、老若男女、分け隔て無くゆったり楽しめたらと思っています。夏までにやるぞっ!!

3/19

 3月19日現在、これまで名古屋市内で確認されたコロナウイルス陽性件数は、延べ138,226件だという。人口が230万位なので、大雑把に計算すると、16〜7人に一人の割合で感染しているということになる。そりゃ、周りでもあちこちに感染者がいるわけです。もういいかげんにしてくれよぉ、というのが正直な感想だが、どうしようもありません。
 コロナ、コロナで大変だと言っていたら、それどころじゃない大変なことが起こってしまった。1991年、湾岸戦争の時、アメリカがイラクを空爆する映像がテレビに出て、戦争の実況中継などというものをやる時代になったかと、ずいぶん驚いた憶えがある。そのようなことは、初めてだったのだ。そのときは爆撃する多国籍軍側のプロモーション映像のような感覚を憶え、とても違和感を持ったのであったが、それから30年、今回のロシア軍事侵攻では、爆撃されるウクライナ側からの映像が頻繁にテレビで映し出されている。一般の人達がスマホで撮った映像が、即座に世界中に拡散される時代である。それをどのように使うかは、世界に対する一つの戦略なのであろう。確かにプーチンはちょっとイカれてるんじゃないかと思うのだが、どこをみても反プーチン一辺倒なのはなんか気になるなぁ・・・。
 でも、嫌なニュースばかりでもありません。ここ何年かでは、圧倒的に楽しみな開幕を迎えているドラゴンズである。なんと言っても若手が楽しみですなぁ。開幕スタメンかと言われる岡林と石川に加え、鵜飼もボール球を見極められればいけるんじゃないか。なんといってもスケールの大きさが、近年のドラゴンズには無い大きな魅力。昨年から充実していた投手陣では、高校時代に154キロをマークしていた2年目の高橋宏斗がローテーション入りか。今年のドラ1のブライトも、すぐには無理かもしれないが、試合に出れば対応力をつけそうで、足と肩も含めて魅力満載だ。プロ野球も開幕し、得三は5時まで、オープンハウスは1時までフルで営業するぞっ!春が来るっ!

2/18

 本日2月18日、第6波の高止まりピーク真っ最中で、そろそろ下がっていって欲しいところであります。コロナそのものに対する恐怖心は比較的薄いのですが、陽性になってしまったときの周りへの影響がやっかいで、みんな警戒している気がしますね。出演者の中にも、陽性になってしまった人、家族で出て濃厚接触者になった人等がポツポツいて、何本かライブが延期になったりしてます。こうなるともう時の運なので、気をつけていてもなちゃったらしょうが無いよね、といった感じだし、明日は我が身かなとも思います。
 お客さんも通常よりは少ないのですが、マスクをつけて着席で音楽を聴く楽しみ方にも慣れて、楽しんでくれているように思います。演奏は充実していて、とてもいいライブが多いです。この2年間、名古屋の地元ミュージシャン達が、世代やジャンルの垣根を越えて交流できるようになったらいいなと思ってブッキングしているのですが、少しでも面白くいってますかねぇ。
 ブルースと言う音楽はセッションのやりやすい音楽なのですが、誰でも出来るかというと、そんなことは無く、ミュージシャンの間で多くの共通言語があって、いっときでもちゃんとブルースという音楽と真っ向から向き合っていないと成り立たないところがあります。ここ5〜6年、名古屋にはブルースという泥沼に取り組んでいる20代30代の若いブルースマンが多くいて、層の厚さでは東京や関西に比べて突出しているようです。それは、「OTIS'」「SlowBlues」「アランプーサン」といった店が、長年にわたってブルースセッションを頻繁にやっていた結果だと思ってますが、親子以上の年齢差があるメンバー達が、何の違和感も無く同じ熱量で個人を表出させてくる名古屋のブルースセッションは、やっていても聴いていても爽快で楽しいです。このところ、特にいい感じがします。
これを読んだ高校生の君っ!(いないか・・そんな奴。)次は君たちの番だっ!ブルースバンドやらないかっ!!

1/22

 コロナが始まって、新聞やテレビの様々な取材が来る。ライブハウスについてであったり、飲食店であったり、商店街であったりして、受けるときもあれば、断ることもある。それぞれに対応していて、いつも思うのだが、取材に来る前に、すでに記事や番組の内容が決まっているのではないかと思われるのである。「困っているコメントをとってこい」とか、「力を合わせて頑張っている映像をとってこい」とか言われて、そこに誘導して、それ以外のモノはカットしてしまう。へたをすると、見出しやナレーションまで、あらかじめ決まってるんじゃないか。それって、取材と言えるのか?そんなことを、ある信用している新聞記者にぼやいたら、「そうなのだ、取材には発見が必要な筈なのだ。」と彼は言った。テレビや新聞で見かけるものが、ちゃんと取材せずに作ったありきたりなプロットに沿って都合のいい事実のかけらを貼り付けただけの報道だというのが、当事者になってみてとてもよくわかるのだ。
 偶然なのか、そういうものなのか判らないが、還暦がらみの周りのおっさん達で、今更のように近代史に興味を持っている人がとても多い。明治以降の日本人が世界の中でなにをどう考えて来たか、それを今とつなげて考えるのは、やたらと面白く感慨深いのだ。日中戦争から太平洋戦争に至る過程で、新聞は率先して「勝った、勝った」とやたら威勢のいい報道をした。その方が新聞が売れたのだそうである。それに浮かれて世論はイケイケに踊り出す。その世論に後押しされて、戦争拡大派の軍人と政治家が押し切っていってしまうという側面は有ったようだ。その報道の大きな情報源が、軍艦マーチ入りの景気のいい「大本営発表」だったのは周知の事実だが、山本五十六はそれが大嫌いだったという。「報道なんか静かに真相を伝えれば、それで充分なんだ。広報や報道が嘘を言うようになったら、戦争は必ず負ける。」という予言までしていたらしい。
 報道との付き合い方には気をつけないといけませんな。

12/18

 思えば2020年の暮れから愛知県全体に時短要請がでて、これから一体どうなることかと大きな不安を抱えて迎えた正月だった。大晦日から三日間は家で呑むのだが、その間ストレスで寝ている間に歯ぎしりをしていたようで、両奥歯が使いものにならなくなり、流動食のようなものしか食えないような状態になってしまった。緊急事態だからといって、何もやらないのは絶対駄目だな、ろくな事が無いなと思ったのだった。時短だと言われようが、酒を売るなと言われようが、とにかく何かやっていようと動き続けた2021年、イレギュラーなことが多かったけれど、バタバタとそれなりに充実した一年だったと思う。なんとか年末にこぎ着けられてホッとしています。旧年中は、ありがとうございました。2022年は、ウィルスの弱体化と、治療薬の登場で、ずいぶん気が楽になるんじゃないかな、と思ってます。
 そんな中、新制立浪ドラゴンズの新人、ブライト健太選手が背番号42で入団した。子供の頃に観た、黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソンの自伝映画「42~世界を変えた男」に感銘を受け、その番号を選んだという。今でこそ大リーグではJ・ロビンソン・デーという、全選手が背番号42をつける日が有ったりして、日本でもその存在が知られているが、僕が子供の頃は、42番は「死に」番号だから日本人はつけないのだと教えられた。だから42は外国人がつける背番号なのだという話だったが、当時の外国人選手の中にも、その番号を誇りにしていた人がたくさんいたのであろう。
 ジャッキー・ロビンソンは、ブルックリン・ドジャースの選手だった。ドラゴンズのユニフォームは、元々ドジャースの真似をしていて、チーム名も筆記体でよく似ているし、チームカラーもほぼ同じである。ガーナ人の父と日本人の母を持つ肌の色が黒い背番号42番のブライト健太選手は、ジャッキー・ロビンソンとほとんど同じ姿でグラウンドを駆け回ることになるのだ。

11/16

 現在11月16日、幸いコロナ感染者の数は低空飛行を保っており、このまま収束を迎えることを願うばかりだが、はてさて・・・。
 アルコール自粛と時短営業が解除され一月ほど経つが、前回夏から秋にかけての解禁期間と比べると、お客さんも店側も多少安心感を持っているようで、覚悟していたよりはお客さんがやってきてくれている。ただ、みなさん体が戻らないようで、夜は早いですけどね。東京や関西のミュージシャン達も、そろそろツアーに出ようかという気分になってきているようで、出演オファーも少しずつ増えだした。
 久しぶりに会うミュージシャン達や、深夜に顔を見に来てくれるお客さん達と、毎日のように呑み、話をする楽しい時間が多く、肝臓以外はすこぶる快調だ。コロナ禍で人それぞれが色んな非日常生活を送っていて、色々話をすると、あらためて人の事情というものがいかに多彩で、自分の思いもよらなかった事が起こっていたのかを知る。「あぁ、そうだよなぁ、そうなるわなぁ。」と思うのだ。自分が、いかに自分のことだけでイッパイになってたのかを思い知ります。
 しかし、まだまだ気を抜けませんな。なにせ、世界規模の出来事なので、年明けに外国との行き来が戻ったときにどうなるかってことになると、まったく先が読めなくて、怖くて手が出せないことが多々あるのです。
 といううわけで、12月一杯は限定人数を、座りのみの100席まで増やしました。大丈夫だとふんでいます。今、ホール公演は、満席まで入れちゃってるようですが、ライブハウスはまだ、フルハウスの半分くらいの数字でやってるのが現状です。そして年末は、「おっかなびっくり」で、60人限定忘年会をやります。そして、年明けの事はまだ読めないので、まずは限定60人で予約をとっておいて、12月に入っていけそうなら徐々に増やしていこうと思ってます。なんだか、アタフタと煮え切らない印象になってしまいますが、宜しくお願いいたします。

10/13

 数学者・森田真生さんの新刊が送られてきた。「僕たちはどう生きるか/言葉と試行のエコロジカルな転回」という、今回はエッセイ。コロナ禍に入った昨年の春から、全国を講演して回っていた日常がガラッと変わり、まだ小学校に上がる前の子供達と家にこもる生活になって、最初は家庭菜園の感覚ではじめたことが、微生物によって作られる土になり、体内に宿る微生物に人間が作られているとなり、共生と依存の生命の仕組みになり、近隣の寺の境内を借りてジャングルを作りながら何かを学べないかと画策する。日記を交えて書かれているため、僕の日常との接点を確かめられるぶんわかりやすく感じた。思考を体の中に内包して体現しようとしているのが感じられて、明確には理解できないまでも説得力がある。
 8・8に始まった二度目の外食飲酒自粛が、ほぼ二ヶ月ぶりに10・1解禁された。酒を売って生業を立てている我々にしてみれば、スタッフ全員、湧き上がる開放感のようなものを感じてこの日を迎えたわけだ。森田さんのエッセイはまさにその初日に届けられて、贈呈サインの所に「Play」と一言。僕はさらに一人で嬉しくなって泥酔してしまう始末。
 「嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか/鈴木忠平」という本もうれしかった。落合中日八年間を、当時の日刊スポーツ落合番記者が、かつての取材ノートと様々な人への取材で深層まで浮かび上がらせる。中日ファンなら、一体あのときのあれは何だったのかという謎がいくつか有ると思う。読んでなるほどと膝を打つことも、やっぱり判らないままのこともあるが、監督一年目開幕戦、まさかの川崎先発にはじまり、リーグ優勝を勝ち取った監督解任発表後の奇跡の快進撃の先鞭をつけた荒木のムササビのようなホームヘッドスライディングまで、一本の糸がピッシリと張りつめられているのを感じることが出来る。この出色のスポーツドキュメンタリーは、中日ファンじゃなくても、たぶん野球に詳しくない人でも十分面白いと思う。この八年間の中日を知っているドラゴンズファンであれば三回は泣く。オープンハウスに置いておくのでご一読を!

9/16

 マディー・ウォーターズの「ライブ・イン・ロスアンジェルス1954」というレコードが出た。これは、ブルースファンにとっては目玉が飛び出すような驚愕の出来事なのだ。
 まず、50年代のブルースのライブ録音というものを僕は他に知らない。当時の、お客さんを前にした演奏を初めて耳にするということになる。収録曲は5曲で、内「Hoochie Coochie Man」「I Just Want To Make Love To You」「I’m Ready」「Oh Yeah」の4曲は同年にレコーディングされている。つまり、後年ブルースの大スタンダードとなるこれらの曲が、発売ホヤホヤの新曲だったのだ。メンバーは、マディー31歳、ジミーロジャース(g)20歳、オーティス・スパン(p)30歳過ぎ、ジョージ・スミス(hca)30歳,エルジン・エバンス(ds)45歳くらいということか。ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムでのライブで、調べてみると6千人以上入る超大ホールなのだが、そんなことが起こりうるのであろうか?信じられない。付設する200人くらいの小ホールなんじゃないのかと疑いたくなる。アカデミー賞やグラミー賞の会場だったらしいが、当時そんなところに黒人が入れたのか。ひょっとしてお客は白人か?54年に白人がブルースを聴いていたとも思えない。マイクは歌に一本、ピアノのあたりに一本、もう一本全体を拾うのに有るか無いかといった感じで、ホールの音響用マイクから録音されたのではないか。当然歌が異様にでかい。黒い。太い。怖い。スピーカーからマディーのギトギト光った巨大な顔面がぬめり出てきそうな生々しさだ。「I Just Want To~」の後半部分で、扇情的に客の劣情を煽るところなどライブでしか味わえないリアルさだが、聞こえてくる客の反応は、やっぱり黒人達かなぁ??本当に大ホールだったとすれば、マディーはそんな経験は初めてだったであろう。ステージ上でに何を思っていたのだろうか。
 これらの曲は、レコーディングではハープがリトル・ウォルターで、ベースにウィリー・ディクソンがいる。もし、この演奏にウィリーがいたら、多分ウッドベースのあたりに一本マイクが立っていて、大きめの音で録音されたのではないか。あぁ、それ、聴いてみたいっ!

8/26(木)

 近隣でコロナ陽性者がちらほら出始めて、いよいよ近づいてきたなと思っていたら、なんとスタッフから陽性者が出てしまった。幸い、感染確認から一週間経つが、お客様、従業員等からその後の体調不良の報告はなく、感染者本人も熱は下がり、回復の兆しを見せている。店は18日に消毒を終え、従業員のPCR検査は全員陰性となった。多方面にご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
 8月日22現在で、名古屋市内で感染確認された数は2万8千強だとのこと。すでに人口の百人に一人以上が感染していることになる。検査数が多いということを踏まえても、かなりまん延していると言わざる終えない。こうなってくると、気をつけようにも限りが有るし、どこでかかっても不思議はないなと思ってしまうが、それでも我々は、許された範囲内でなんとか店を営業し、毎日ライブを重ねていかねば成り立たない。
 そんな中、ライブを観に来ようというお客さんは、やはり目に見えて減っている。しかし、それと同時に、それでも来てくれているお客さん達が、実に気をつけ合って、配慮しながら楽しんでくれている様子がわかって、その強制ではない自治感覚をとても頼もしく思う。ある程度お客さんの年齢層が高い得三だからかとも思ったが、オールスタンディングで、立ち位置に×印をつけただけのライブハウスでも、お客さんはその位置を動かず、距離を保って体を動かしているのだそうである。そのような規制をどこかで乗り越えてはみ出してしまう非日常性こそがライブの本質ではないかと言われれば全くその通りだが、今は胸の中、体の内だけでとどめて欲しい。
 ライブ会場に来れない人も数多いと思う。家族と同居している人はリスクを避けるだろうし、勤務先で禁止されている人等もいるだろう。配信で我慢しますとか、行けないけれど頑張って下さい等の声も、方々からいただく。そんな人達の思いもしっかり届いていて、来るべき完全再開に向けてとても心強く、感謝してます。
 ありがとう!

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ