ホーム>あほ犬日記>あほ犬日記

あほ犬日記

8/29(火)

前回やった時に、とても演奏がよくて、是非ともレコ発をワンマンでやって欲しいと思いオファーしたのが、この日のStance Tongue[中村友美(sax)小金坂栄造(g)高畠宏明(key)石垣篤友(b)片桐伸和(dr)]。しっかりと熱の入った演奏を聴かせてくれた。いいぞっ!もっと、もっと、やるんじゃぁっ!!

8/28(月)

「なごやじまん」出版記念 大竹敏之トークライブ/ゲスト:西川千雅(日本舞踊西川流四世家元)/雷門福三(落語家)。魅力が無い街No.1と言われているらしい名古屋だが、実際すんでいる僕としては、全然そんな事は思っていないわけで、二十歳前から今まで40年以上、相当な振れ幅で面白く、悲しく、驚き、笑い、哭き、今も全力で暮らしているのだ。名古屋は充分以上に面白い街だと思うのが素直な実感で、面白くないという人は、きっとその人自身がつまらない人なんだと思う。たぶん、それと同じような思いを持つ、今や名古屋ネタライターとして、全国に名を馳せる大竹さんが、満を持して「なごやじまん」という本を出版、その記念イベントが本日なのであります。本は、基本的に大竹さんの個人的に素晴らしいと思う名古屋を紹介するという感じで、僕も読んだのだが、名古屋にいる僕も知らなかった魅力も発見出来たりして、色んな所へ行ってみたくなる。そして、20個ある名古屋自慢の一つが、我がTOKUZOで、4ページも使って大竹さんのTOKUZO感が書いてあるのだよ。最後の一行に、「名古屋が面白くないと思っている人達は、得三へ来た事が無いに違いない」と書いてあって、僕は涙が出るほど嬉しかったです。大竹さんは、1998年、開店前の工事中の時に取材してくれた人でもあります。お互い、あれから19年経ったんだね。僕も頑張らなきゃなっ!!

8/24(木)

今年も富山県の「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」から、インターナショナルなプレゼント。今回は、アラブとブラック・アフリカ、そしてベルベルの文化が交差する西アフリカの国モーリタニアを体現したミクスチャー・サウンドを聴かせてくれる女性歌手NOURA MINT SEYMAL[ヌーラ・ミント・セイマリ(vo.アールディン)エル・ジェイシュ・チガーリ(g)ウスマン・トゥレ(b)マシウ・テイナリ(ds)]。ギターのエル・ジェイシュ・チガーリさんはヌーラの旦那さんで、元々はティディニートという現地の弦楽器奏者なのだが、それをエレキギターに持ち替えて演奏する。連続する終わりの無いダンスビートは、それが海を渡りJBになり、20世紀後半にはアメリカ経由で世界に広がって行ったことを充分感じさせる。ビートの腰が強いのだよっ!スバラしいっ!

8/23(水)

昼に、若尾総合舞台の児玉さんと「今池まつり」の打ち合わせをやって、夜のライブは「ものんくる」。
「ものんくる」は吉田沙良(vo)角田隆太(b)二人によるユニットで、毎回色んなサポートを入れて、色んな形態で演奏をする。今回は名古屋勢が多くて宮川純(key)渡辺ショータ(key)小川翔(gt)と、名古屋出身の若手プレイヤーが3人も入っている。このあたりの人達が、もっと出て来て面白い事をやってくれるんじゃないかと思ってるんだよね。楽しみにしているのです。

8/22(火)

帰って来ると、トイレは出来上がっている。おぉっ!!奇麗だぁっ!床のワックスがけをして、時間待ちで一杯のみに出かける。帰って来て、店を営業態勢に戻し、キャンプの残り物で、懲りずに呑み始める我々・・・。深夜まで呑んでお開きと相成りました。

8/21(月)

今回のキャンプは、キャンプ中に女子トイレの改装が行われるのだ。得三を造る時、なるだけ改装しなくてもいいように内装を考えて造ったのだが、19周年を前にして、さすがに店のあちこちをメンテナンスしている。中でも女子トイレは、手洗いの台が水垢で汚くなってしまい、デコボコで掃除も行き届きにくいということで、今回の改装と相成った。19年前の、得三工事メンバーでもある、早川とトヨちゃんが、当店スタッフの要望も加味して、作ってくれます。今回はあらましを作って、後ほど追加工事をスタッフの手作りで行う予定。完成は来月になっちゃうかな??
 工事を早川に任せて、キャンプへGO!!場所は、いつもと同じ旭高原元気村キャンプ場。今回は、OTIS'の横山達が初参加したのだが、現地についてからのみんなの手際の良さに驚いていた。もう何年も来ているので、それぞれの持ち場や仕事が決まっていて、何も言わなくても動いてゆくのです。そして、延々と飲み食い続けるのでありますが、三宅3daysの疲れが溜まっていて、今年は寝てる時間が長かったかな。みんなが、それぞれ寝たり起きて呑んだりしているので、一晩中誰かは呑んでるんですが・・・。

8/20(日)

『三宅伸治 真夏の夢 どっぷりと3days 得三』最終日。MOJO CLUB+KOTEZ(harp)[三宅伸治(vo.g)谷崎浩章(b)杉山章二丸(ds)]/スペシャルゲスト:木村充揮。前回で相性が良かったMOJO CLUBとKOTEZが、国宝級歌手・木村さんとがっちり組んでの演奏。MOJO・木村は、しっかりと一緒にやったのは初めてらしかったが、問題無しの楽しい演奏だった。
 終わってからの打ち上げは、最終日ということもあって朝5時まで続き、多分誰一人正常な状態では無かったと思われる。僕もほとんど憶えていないが、なんだか、メチャクチャなのであった。明日から得三キャンプだぁっ!

8/19(土)

『三宅伸治 真夏の夢 どっぷりと3days 得三』二日目は、ズクナシ with 三宅伸治/スペシャルゲスト:ウルフルケイスケ。ばっちり楽しいソウルショー!ケイスケ君も入って、みんな笑顔が印象的な夜でした。

8/18(金)

さて、今日から『三宅伸治 真夏の夢 どっぷりと3days 得三』であります。まず、初日は、オーバーオールズ[石塚英彦(vo)グレートマエカワ(b)ケニーモズレ(ds)三宅伸治(vo.g)]。すでに何回かやっているユニットかと思っていたら、今回が初ステージだそうである。まず、なんといっても、ケニーモズレイの圧倒的なパワードラムにやられちゃいます。もっと若いと思っていたら、なんと僕と同じ還暦なのでした。若い頃JBのバンドもやっていたことが有るらしい。こんなしっかりしたドラムだったら、演奏は楽しいだろうなぁ、と思わせる素晴らしいドラマー。そのケニーと前川君のリズム隊に乗って、全開で暴れまくる石ちゃんと伸ちゃんなのでした。よく、「石ちゃんは、どんなかんじなの??」と訊かれるのだが、ロックボーカリストですよっ!!ステージで、きしめん食べちゃったりするサービスも有りますが、きっちりボーカリストです。是非、また観たいバンドでした!

8/17(木)

Bloodest Saxophone、TOKUZO初登場なのである。ホーン陣はバンバンバザールのスペシャル版で来てくれたことが有り、その時に「Bloodest Saxophoneでも、お願いします」と言われてから何年経ったかな?やっとのことで、初登場なのです。基本的には、ジャンプ・ジャズなんだろうな。スウィンギーなロックンロールのイメージも有ります。初登場という事で、多分得三へ来るのが始めてのお客さんも足す浮いたのではないかと思うのだが、いやいや、みんな酒飲みで、演奏中もバンバン呑むっ!!終わってからも、バンドマンバーが一番最後までどんどん呑み続けておったのじゃ。明日から、伸ちゃん3daysということもあり、今日は一緒に飲めなかったが、次回は是非っ!そうかっ!前回来たときの、バンバンバザールは、酒飲みバンドじゃないから、認識してなかったんだな。しまったしまった。

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ