ホーム>アーティストの声

アーティストの声

大友良英

2014815203532.jpgライブを頼まれたら絶対に断りたくない店というのが、全世界に6店だけあって、もちろんTOKUZOはその中の一つ。

ただ店がいいんじゃなくてそこで働いてる人達の顔がいい。ライブだけじゃなく打ち上げがそのまま出来るのもいい。楽屋にBB KINGがES350を弾いてる写真があるのもいい。

まわりのちょっと猥雑なお店もなんとなくいい。ときどき生うこんが出るのもいい。つまみもいい。かかる曲もいい。もちろん集まってくる人達がいい。でもなにより最高なのは、森田さんの笑顔の毒舌がはじまる深夜。こうい現場にいたいからオレは音楽の世界に入ったんだって思っちゃうくらいいい。That's 多幸感!

森田さん、長生きしてくださいね。

遠藤ミチロウ

TOKUZOが出来たとき、すぐ出演させてもらった。何年前だったかな。森田さんのお父さんの名前(得三)からとったと。僕は敬意を表して「父よあなたは偉かった!」を歌ったのを覚えてる。

それから名古屋のライブは殆どTOKUZOでやっている。何より森田さんをはじめお店のスタッフの心意気が心地よくて、PA音響のやり易さ、すばらしさに感動、ああ今回もTOKUZOでやれて良かったと思う次第です。だからいいお客さんが集まるんだろうな。

ただ一つ問題があるとすれば、出演者からの人気があり過ぎて、相当早くからブッキングしないと希望の日はとれないこと。

ちなみに僕はのんびりしてる方なので、本当に希望した日は一度も取れてません。( ;´Д`)

これからもよろしく!!
 

ふちがみとふなと 渕上純子

2014815203130.jpg得三のなにがすごいって、こんなにいつも何かやってる店があるだろうか。このコーナーしかり。あらゆるSNSにTOKUZOのページがあるし、動画は勿論、ライブ毎の宣伝&予約サイトもある。充実した読み物つき印刷スケジュールは京都でも見かけるほど、広範囲に配布されている。

加えていつ行っても今池のお祭りや商店の何やかやに忙しそうで、そのうえカラオケ大会や大忘年会も、想像もつかないアイデアと規模で行われている。

行くたび「オモロイことは自分で生み出すのだった」と反省しそうになるところ、朝までやってる飲み屋なのでライブ後に呑みにだけ来る人もわらわらいるわ、神々しいくらいに見えた店の人たちも一緒に酔っぱらっていたりして、ソウイウモノニワタシモナリタイと思ってしまいそうになるあたりで意識を失い、振り出しに戻るのである。

日本一ブッキングが早い、すなわち人気があるのは、当然だと思う。

「アカダくつわとテロとくぞう」 内田勘太郎

2014815202938.jpg ライブで一番気にするのは、それはお客さんの入りとか当然あるけれど……。兎に角良い感じでいける環境。それは先ず音響。客席の音とステージの自分の為の音。この両立。思えばまぁまぁ永いお付き合いのとくぞう。ここに来る時、帰る時、何の心配も無いぞう。

川口義之 (栗コーダーカルテット、渋さ知らズオーケストラ他)

201481520275.jpg得三、と漢字で書くのが好きです。お客さんが少なくなった深夜、次なる季節メニューをスタッフが考案し、空いたテーブルで森田さんが試食をして、ここ、こうしたら~なんて意見交換をしているのを見るのが好きです。

さて、ミュージシャンの動員力に頼る事の多いライブハウス業界ですが、それに関しては非常に不満があります。海外のライブハウスやカフェなどは、ライブチャージが安い事もありますが、常連のお客さんが必ずいて、たまたま巡り合ったその日の出演者を、なんの前情報もなしに普通に楽しんで帰るようなところがあると思います。まずはお店の柄を信用すること。そこからお客さん、お店、ミュージシャンという3者の良い関係が生まれる。

その点において得三はベストですね。スタッフの皆さんの醸し出す雰囲気が良くて、栗コーダーや渋さ知らズの名古屋近郊の公演があると、帰りについ顔を出してしまうお店です。勝手に親戚付き合いのような、それが得三。

しのやん(RAGG企画代表)

2014815202352.jpgそりゃあ色々あるでしょ。音がめちゃめちゃ良くて調子に乗り過ぎちゃうとか、ウッディなステージを照らす照明にうっとりしちゃうとか、濃過ぎる焼酎水割りにベロンベロンになっちゃうとか、旨過ぎる料理の数々に太っちゃっていや~んとか、ハタマタ可愛い過ぎる女子スタッフに恋しちゃうとかさ。

まだまだ。その他その他。褒めることなんて幾らでもあるもん。だから、オレに限らず、出演者もお客さんでも、皆、TOKUZOに通って来るんでしょ。オレも毎週のように通ってるもんな、京都から。まあ、つまり、結局だ。森田社長以下スッタフ陣の人間力と、下世話でちょっぴり懐かしい匂い漂う今池の街にすっかりやられているオレってことでよろしくどうぞ!

武部敬俊/THISIS(NOT)MAGAZINE,LIVERARY,SummerOfFan

2015520205752.jpg

TOKUZOさんのイメージとして一番に浮かぶのは、クリンで温かみを感じさせる、特徴的な音の鳴りです。それと相対して、いろんな人たちが夜な夜な集まって、気持ち良さそうに頭から酒を浴びている、そんな終演後のアフターアワーズも素敵だと思います。

 

THISIS(NOT)MAGAZINE
http://www.thisisnotmagazine.com/

LIVERARY

http://liverary-mag.com/

 SummerOfFan
http://summer-of-fan.tumblr.com/


 

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ