ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

うつみようこ & YOKOLOCO BAND Guest EDDIE from the原爆オナニーズ

2014年 12/22 Tokuzo うつみようこ & YOKOLOCO BAND  Special Guest EDDIE from the原爆オナニーズ 貴重ライブ写真

この日は、グレート前川 (B/フラワーカンパニーズ)さんが急病の為、不参加だった為、アンコールで the原爆オナニーズのEDDIEさんが参加しました。

これはかなりレアなライブで、伝説となるかもしれませんね。

リハなし、ベースはグレート前川さんのを使用ですが、EDDIEさんの音でした。流石です。

(臼井)

201519213243.JPG

20151921333.JPG

201519213324.JPG

201519213344.JPG

20151921343.JPG

楽屋の便所から by 松田幸大

皆様、明けましておめでとうございます。お節料理、餅つき、初詣、お年玉、そんなお正月行事とはここ数年かかわっていない、スタッフ幸大です。

僕にとってはお年玉がネックで、毎年甥っ子の上げる用に少し貯金をするのですがいつしかそのお金は酒だツマミだに変換されてしまいまして、彼らが実家に遊びに来る頃には持ち合わせなく、正月の三が日は実家周辺には近付かないよう心掛けております。

さてさて、これを書いている12月初旬、そろそろ年末が見えてきて、そうなるとあれですよね!?そう!皆様待望の狂喜乱舞の酒池肉林、得三大忘年会!この文を読まれている方は年末泥酔の記憶を辿って、でも思い出せ無いので拾いに行こうって事でまた今池で呑んでいるのでしょうね!

そんな楽しい大忘年会も僕がスタッフとして参加するのが今年で最後となりました。12月末をもって卒業させて頂く事になりました。料理とお酒の勉強をする為に違うお店でお世話になる予定です。得三に入った頃は何かがしたいわけでもなく働いていましたが厨房に入り始め少しずつ意欲が湧くようになり今ではずっと考えているぐらいになっています。

ライブを観にみえていたお客さんが帰り際に「得三は料理もおいしいんですね」の一言、すごく嬉しかった、毎回僕が作ったメニューを注文してくれるお客さん、裏切らないよう頑張ろうと思えた、賄いをお腹一杯食べた他のスタッフのごちそう様の笑顔、それがまた見たくて手を変え品を変え試行錯誤できた。得三がライブハウスであるという壁に憤りを感じる時なんかもありました。

でもこの道を選べたのは本当に皆様のお陰だと思います。本来なら一人一人にお礼を申し上げたいのですが、この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。最後の別れみたいな文章になってしまいましたが正月早々に酔っぱらって得三に呑みに来たりしているのでしょう!そんな時もこれからも宜しくお願いします!
(松田幸大)

 

20141223195423kodai.jpg

臼井康浩お薦めライブ 2015年1月〜4月

 

 


ライブ詳細はこちら Tokuzoライブ予約fromHPTop

TEL予約 052-733-3709   (PM5:00-AM 5:00) チケット発売初日(要確認)




2015年

1/16(金)早川義夫、山本精一、柴田聡子

~ 変態はステキ~三人のうた

18:30open 19:30start

前売¥3,500 当日¥4,000

TOKUZO予約・販売052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:248-980

ローソンチケット:0570-084-004/Lコード:43451

 

1/20(火)さがゆき・清野拓巳

「Mimicry」発売記念ライブ

 

ゲスト:林栄一・小埜涼子

18:00open 19:00start

前売¥2,800 当日¥3,300

TOKUZO予約・販売052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:249-657

ローソンチケット:0570-084-004/Lコード:43645

 

1/23(金)『RIKUO with HOBO HOUSE BAND Live at Densho Hall』発売記念ライブ

リクオ with HOBO HOUSE BAND

[椎野恭一(ds)寺岡信芳(b)宮下広輔(psg)]

18:30open 19:30start

前売¥4,500 当日¥5,000(11/22発売)

TOKUZO予約・販売052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:246-223

ローソンチケット:0570-084-004/Lコード:42948

 

1/30(金)変光星[ホッピー神山(覆面パト) 小埜涼子(sax)] ゲスト:竜巻太郎(dr)

18:00open 19:00start

前売¥2,500 当日¥2,800(12/15発売)

TOKUZO予約・販売052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:250-778/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43869/0570-084-004

 

2/3(火)次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント講座

「21世紀のオンガク講座①」

~自分を作る/売る/守る~

永田純(音楽エージェント/プロデューサー)

18:00open 19:00start

前売¥2,700 当日¥3,300(12/15発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:628-276/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43949/0570-084-004

 

2/6(金)WHO trio from スイス

[Michel Wintsch ミッシェル・ウィンチュ(p)

Gerry Hemingway ジェリー・ヘミングウェイ(ds)

Bänz Oester バンツ・エースター(b)]

18:30open 19:30start

前売¥3,000 当日¥3,300(12/15発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:251-289/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43962/0570-084-004

2014122119292.jpeg

 

2/12(木)オトコンテ[伊藤ヨタロウ(vo)今堀恒雄(g)]

マル秘ゲスト参画予定

「オトコンテ2015」

~キレイな作戦会議ツアー~

Vol.10 「名古屋 今行け」

 

18:30open 19:30start

前売¥3,500 当日¥4,000(12/15発売)

※学生証提示で¥1,000キャッシュバック

TOKUZO予約・販売052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:250-794/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43880/0570-084-004

 

2/13(金)斎藤誠

18:00open 19:00start

前売¥4,800(1/11発売 問い合わせ:サンデーフォーク)

 

2/18(水)lovejoy

[bikke(vo.g)服部夏樹(g)近藤達郎(key)

かわいしのぶ(b)植村昌弘(ds)] 

18:30open 19:30start

前売¥2,800 当日¥3,300(12/15発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:250-799/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43882/0570-084-004

 

2/19(木)「ハシケンNEWCD『RERAMAKANI』発売記念ツアーin名古屋」

Hasiken

[ハシケン(vo.g)伊藤大地(ds)上地gacha一也(b)]

18:30open 19:30start

前売¥3,000 当日¥3,500(12/15発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:250-800 /0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:43883/0570-084-004

イープラス:http://eplus.jp

 

 

2/21(土)割礼

18:30open 19:30start

前売¥3,000 当日¥3,500(1/3発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:251-848/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:45096/0570-084-004

 

 


ライブ詳細はこちら Tokuzoライブ予約fromHPTop

TEL予約 052-733-3709   (PM5:00-AM 5:00) チケット発売初日(要確認)


 

 

3/5(木)山本精一 ソロ

18:30open 19:30start

前売¥2,500 当日¥2,800(発売)

 

3/11(水)NADA[吉見征樹(tabla)鬼怒無月(g)佐藤芳明(acc)久野隆昭(ghatam)]

18:30open 19:30start

前売¥3,500 当日¥4,000(1/15発売)

 

3/16(月)アルタードステイツ

[内橋和久(g)芳垣安洋(dr)ナスノミツル(b)]

18:30open 19:30start

前売¥2,800 当日¥3,300(発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:   /0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:    /0570-084-004

 

 

 

3/20(金)「勝井祐二バイオリンサミット」

勝井祐二・金子ユキ・黒田かなで(vln)

カネコテツヤ(パカーワジ)望月雄史(g)

18:00open 19:00start

前売¥2,800 当日¥3,300(発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

 

 

3/25(水)[グルグル祭り2015」

マニ・ノイマイヤー 河端一 津山篤 吉田達也

Japanese New Music Festival Petit

[赤天 (吉田+ 津山)ZOFFY(津山+ 河端)

ACID MOTHERS TEMPLE SWR(吉田+ 津山+ 河端)

ZUBI ZUVA X (吉田+津山+河端)]

MANITATSU (マニ+吉田)

Acid Mothers Guru Guru(マニ+津山+河端)

18:00open 19:00start

前売¥3,000 当日¥3,300(発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:   /0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:    /0570-084-004

 

 

 

4/23(木)浜田真理子

18:30open 19:30start

前売¥4,000(1/4発売)

TOKUZO予約・販売:052-733-3709/info@tokuzo.com

チケットぴあ:Pコード:252-035/0570-02-9999

ローソンチケット:Lコード:45120/0570-084-004

 

 

5/30(土)AKIRIE[石原理江(フラメンコダンス) 鈴木亜紀(p.vo)

 

 


ライブ詳細はこちら Tokuzoライブ予約fromHPTop

TEL予約 052-733-3709   (PM5:00-AM 5:00) チケット発売初日(要確認)


 

山本精一×内橋和久 スペシャルDUO at Tokuzo

2014年 12/10(水)山本精一×内橋和久 スペシャルDUO  「ノーコン」CD発売記念ライブ 

2014121113635.JPG

2014121113655.JPG

2014121113712.JPG

2014121113733.JPG

2014121113751.JPG

音楽の達人による、濃密なライブとなりました。ライブハウスにいるとこうゆう瞬間に出会えます!!
(臼井康浩)

 

 

Karman(カルマン)2014.12.9 Tokuzo ライブ写真

2014121021620.JPG

20141210222654.JPG

20141210222722.JPG

20141210222741.JPG

 

2014年12/9(火)

Karman(カルマン)

岡林立哉(馬頭琴.ホーミー)

小松崎健(ハンマーダルシマー)

トシバウロン(バウロン)

 

アイリッシュの名手小松崎健さん、トシバウロンさんに、モンゴルの馬頭琴とホーミーが融合、生活の柄などの日本語カバ

モンゴル民謡、アイリッシュ音楽などバリーエーション豊富な楽曲を演奏。ユニークな音になるのですが、どことなく

懐かしく感じるところが、アコースティックな楽器の響きの豊かさによるものではないでしょうか。(臼井康浩)
 

 

音楽教室 grace MACK インタビュー

graceMACK.gif

 

1995年オープン、来年で20周年を迎える一宮市の音楽教室グレースマック。私は1996年くらいからお世話になっております。

 

鈴木勝彦さん、すずき真穂さんご夫婦で運営。元々お二人とも名古屋近郊のヤマハ系列の教室で先生をされていて、バンドブームを機にヤマハがポピュラーミュージック志向の教室を始めた頃からやられているベテラン先生。

 

当時ヤマハでは基本的にグループでのレッスンのみであったのに対して、こちらの教室では個人レッスンでじっくりそれぞれのレベル、やりたい事に応じた丁寧な対応、時にはメンタルな事、音楽以外の悩み事なども親身になって相談にのるという感じで、音を通じたコミュニケーション全般をフォローしているんですね。

 

生徒さんから時に両親であり、頼れる兄貴、お姉さんであり、良き人生のアドバイザーといった深い関係性があるので、オープンからこれまで20年近くずっと通われている方も数名いらっしゃるようです。

 

こちらの教室の特徴は、様々な楽器のコースがある事をいかして教室内でバンドを組んでの年に4回の発表会を提供している点で、どんなレベルでも半年後には、何らかの形でステージに立つ機会を得られるところ。

 

普通の教室は年に1回、大体1曲のみという所が多いのですが、Tokuzoでもやっていただいてる発表会では30-40分のステージができる所までいっている所が凄いですね。

 

いろいろな音楽教室の発表会を見てきましたが、その中で有数の演奏レベルとそのクオリティーの高さであると思います。

 

個人の教室ながら、ドラム、ベース、ギター、サックス、ヴォーカル、ピアノ、バンドアンサンブルまで幅広くやられているのと、パラライズのドラムの丹羽さん、ジャズサックスの吉丸さん他、経験豊富で充実した先生陣、そしてアットホームで生徒さん同士が繋がれる場である事が

 

長く通われる生徒さんが多いという事に繋がっているのではないかと思います。

 

すずき真穂さんは、近年は、音楽だけではなく生徒さんのメンタルな面もフォローする為にカラーセラピーやヨガにも取り組み、今ではヨガ講師としてもお呼びがかかっております。

 

教室をやっていて一番やりがいを感じるのは、生徒さんの成長を音楽を通じて感じる事ができる時だそうです。登校拒否だった方が教室に通ってから、克服していったり、様々な方面に進んでいかれる方の中でも、グレースマックに通っていたことが、その人にとっての何らかのステップになっていんだなと感じること、音楽っていろんなチカラがあるんですよね。

 

デジタル全盛の時代になってきていますが、グレースマックでは、生楽器の良さとその可能性を大事にし、音楽にふれる人が増えていくことを願って活動していきたいとの事でした。

 

個人的には地元密着で音楽に接する場というのは、本当に大切だと思っております。グレースマックさんのような音楽教室がどんどん増えていってくればと願っております。

 

ちなみに、沢田研二さんのサポートドラマーなどで活躍されているグレースさんは

すずき真穂さんの妹さんなんですよ。80年代はjaco:necoというバンドに姉妹で参加されて活躍されていました。

インタビュー by 臼井康浩

 

 

 

music school grace MACK

愛知県一宮市昭和1-3-14

tel:0586-46-0177

http://www.orihime.ne.jp/~grace/

 

cafeロジウラのマタハリ春光乍洩 インタビュー

Matahari.gif

 

cafeロジウラのマタハリ春光乍洩
 
「どんなに環境が変わったとしても、オアシスのような場でありたい」
 
武田信吾さん、美尾りりこさんご夫婦がやっている名古屋駅西口のカフェ。愛知大学JAZZ研に在籍中に知り合い、その後結婚され武田さんは10年間、サラリーマン。りりこさんは大学卒業後にアングラの香り漂う濃密で官能的な舞台を行う劇団pH-7にも参加し、主演や脚本も手がけていた。
 
武田信吾さんは、大学の時からジャズ喫茶にも頻繁に通い、名古屋だけでなく、京都、大阪のジャズ喫茶にもいかれていたということもあり、将来は自らジャズ喫茶をもちたいと思うようになる。
 
しかし、時代は流れ、ジャズ喫茶がどんどんなくなっていく中で、それでも何かお店をやりたいという情熱をもち続け、サラリーマンの時に貯めていた資金を元に2001年に名古屋駅西口の映画館シネマスコレーの向いにcafeロジウラのマタハリ春光乍洩をオープン。
 
美尾りりこさんが、1997年頃からまだ日本では認知度が低かった香港映画にハマり、シネマスコーレによく映画を観に来ていて、その縁でアジアスーパーシネセンターという香港・台湾・韓国映画のDVD、CD、俳優などのグッズを扱った専門店の店長をされていたこともあり、オープン当初は香港映画ファンの方々もお店の常連としてに来られていたようです。
 
オープン1年ほどでお店も起動にのってくる。一時は食べログで名古屋駅のカフェで1位をなったりしたこともあり、ランチ時には入れないくらいの人気店になったこともあった。私も何度も入れずに帰った記憶あります。
 
お店でライブもしたいということは最初から考えていて、2002年 韓国在住の音楽ライターでもありミュージシャンの佐藤行衛さん来店。
 
その後、話が盛り上がって、2002年4月、佐藤行衛さんのお喋りと歌のイベント「佐藤さんと話そう」開催。これがマタハリ最初のライブとなった。
 
その後、当時ベース奏者として名古屋で活躍する鈴木茂流さんがショーロクラブの沢田穣治さんと共に来店。 
 
「ええなぁ、ここ。ライブ、出来るん?」 と沢田さん。いつか自分の店でライブが出来たらといいなと思ってた夢は、この言葉から叶っていく。
 
沢田穣治のソロライブを機に、笹子重治、鬼怒無月、勝井祐二、大友良英、不破大輔、田村夏樹、梅津和時、内橋和久、今堀恒雄、佐藤研二、佐藤芳明、巻上公一、大熊ワタル他、淙々たるミュージシャンがライブされ、ミュージシャン内でもcafeロジウラのマタハリ春光乍洩が知れ渡ることになる。
 
2011年にTokuzoでおこなった10周年記念のイベントでは、特別に結成した一夜限りのバンド「マタハリオールスターズ」はメンバー梅津和時、鬼怒無月、壷井彰久、佐藤芳明、佐藤研二、佐藤正治という超豪華な面々で圧巻のライブを魅せてくれた。立ち見がでるほどの注目を集め、大成功に終わる。このバンドは今も継続して活動しているところも凄いですね。
 
オープン当初の2001年頃の名古屋駅西口は、お店も多くなく、人通りも少ない状況で、愛知万博あたりから、少しずつ新しいお店も増え、随分雰囲気が変わってきている。そして今後も時代とともにどんどん変わっていくのであろう。
 
けれども、周りが忙しく、慌ただしい状況であっても、どんなに環境が変わったとしても、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩はいつまでも変りなく、くつろぎや安心感を与えるオアシスのような場でありたい、そして、細く長くやっていきたいという、りりこさんの言葉がこのお店を象徴してように思います。
 
長年続けていられている理由もここにあるのではと感じております。ライブに出演する淙々たるミュージシャンの方々も他に数多くあるライブスペースの中からcafeロジウラのマタハリ春光乍洩を好んで演奏しているのは、音楽を本当に大事にしていてるというのが伝わってきて、その安心感があるからではないでしょうか。
 
ミュージシャンにとってもオアシスな場、それがcafeロジウラのマタハリ春光乍洩なんですね。
 
(臼井康浩)
 
cafeロジウラのマタハリ春光乍洩
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町9-21 真弓ビル1F
(名古屋駅新幹線口徒歩3分)
cafeロジウラのマタハリ春光乍洩
TEL 052-451-8533
http://cafematahari.com/
cafematahari@gmail.com
 
人気メニューはタイカレー、ナシゴレン、ゆず茶  
ケジャン鍋もありますよ(10月~5月まで要予約)
 
営業時間
 
■水~金■
ランチタイム11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
ディナータイム 17:00~22:00
■土■
ランチタイム11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
カフェタイム 14:00~17:00
ディナータイム 17:00~22:00
■日■
ランチタイム11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
カフェタイム 14:00~17:00
ディナータイム 17:00~21:00
 
■定休日 月・火曜日
月曜日祝日は営業
 

りかさん(R&Rファン)の場合

りかさん(R&Rファン)の場合

私が初めて得三に来たのは、約10年前のことでした。飲み屋も兼ねたライブハウスに来たのが初めてだし、超が付くほどの人見知り。自分から話しかけるなんて考えられない!やっとのことでビールを1杯頼んでライブ終了後そそくさとかえりました。

ところが、お酒が1杯から2杯・・・と増えるにつれ、知り合いも増えてきました。どうやら、お酒を飲むと人並みにお話ができるようになるみたいですね(笑)

得三に集まる人達やスタッフさんは皆、楽しくて、優しくて、元気!!居心地が良すぎて、帰れない。終電を逃してしまうこともしばしば・・・。ご飯もおいしいし、季節のメニューは毎回楽しみの1つです。ライブで踊って、モリモリ食べて、大いに飲んで笑って、元気をもらいに得三へ通う私なのでした。

カワムラヤスヒコさん(塾帰りの素浪人)の場合

カワムラヤスヒコさん(塾帰りの素浪人)の場合

しかしまあ、いろんな人がいるもんだなあ。というのが、TOKUZOに通い出して1年たった私の実感。去年の6月『今池いろもん大百科』に当日券で入った 時は、満員の人の中オドオドと席探しをに努め、でもそこで観た『ジキジキ』が面白くてDVDも買った。

あれから1年、今や刈谷や四日市からの仕事帰りに今 池に寄り、TOKUZOで1人本を読みつつ夜食をいただく…というのが習慣になってしまった。ベンチ席の一番後ろで『じっくり』するのがお気に入りとなる。

呑み屋タイムの時に居合わせると、まあ毎回様々な人がいる。そして、あのカラオケ大会にも出場した。『ああ、こういう“今池の人たち”がいるんだなあ』と感じる。オレはただ1人で本を読んどっていいのかね?と思いつつも、次の日に新栄のOTIS’で私のカラオケのことが評判(?)になっていたりする。そんなこんなであれから1年。マイペースでTOKUZOにて『今池いろもん』の第2巻に挑んだというわけです。

マツバヤシヒデノリ(半額day王子)さんの場合

マツバヤシヒデノリ(半額day王子)さんの場合

トクゾーのドリンク半額DAY、この無茶苦茶にお得なイベントにばかりもう2年くらいお世話になってます。まさかここまで足しげく通うようになろうとは。 ドリンクの種類がね、すごいたくさんあるんですよね。

あれが全部半額だなんて、正気の沙汰じゃないですよほんと。つい普段縁のないようなシャレオツ横文字 カクテル頼んでチャンポンしてしまったり、流されるままに強いお酒を飲んで意識を失ったり…その結果、お皿に頭突っ込んだり、そこいらで寝てしまったり、 記憶がなくなることもしばしば。

トクゾーのなにがすごいってそんな質の悪い(ぼくのような)お客さんも朝まで優しく見守って(放っておいて?)くれるところ。トクゾーの母なる優しさで泥酔家族たちが勘当されることは決してない、この安心感に満たされた空間で浴びるように飲むお酒ほど 楽しくおいしいものはないんですよね。一度敷居を跨いだが最後、知らぬ間に半額DAYが毎月の行事に…ということで、また来月も迷惑かけにいきます!

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ