ホーム>スタッフブログ>2017年11月

2017年11月

【楽屋の便所から】2017年7月号 by PA河野

「お前もそろそろここのステージで演奏してみろよ!」。ある夜、バンドの練習後に楽器を担いでTokuzoへ戻ってきた僕に森田さんが言った。「えっ?僕が?本当に?えっ?おえっ?」とまさに嗚咽が出るほどの緊張感が身体を駆け巡った。だって、毎日名だたる演奏家が鎬を削るステージだ、そこで僕らがと、そう思っても無理もない。「そんな凄い演奏はできませんが・・・」そう言うと「ああ、そんなのは期待してない。それよりかステージに立ったら解ることも大いにあると思うぞ!」。「あー期待してない・・・笑。んっ?そうか!」普段はPA卓で音をいじっている僕にとって、演奏する立場から見る音の景色は体感すべきモノだった。PAとして新たな体験、そしてバンドとしての新たな経験!「ライブやらせてください!」。さあ、こんな具合にTokuzoでのライブが決定したのでありま~す。そして、ライブの日はやって来た! 5/30(火)。対バンには、ディキシーランドジャズスタイルの「みそガンボミニ」、スイングやブルース、ソウルの匂い漂う「テツモトミキ+ウカイ☆チホ」。そして自身のバンドは、ジャグやカントリーを基調とした「ガスパチョス」。3バンドともに古いジャズや歌謡曲なんかを自分らなりの解釈で演奏している。最後のセッションで高田渡さんの「バーボン・ストリート・ブルース」をやった!この対バンで良かったと思った。「さて、いざステージに立った僕が見た景色とは?」それは、自身の弾いているアコーディオンの鍵盤と譜面、そして照明の逆光でどんな顔をしているのかはっきり見えないお客さんたち。本番はとても緊張していて見えたものといえばそんな景色だ。でも音の景色というモノの肝はリハーサルにあったと僕は思う。「音は立体的なのだ!」。またTokuzoのステージで演奏したいな~!楽しくなってきた!その時は是非見に来てやってください。絶対緊張していると思います!笑

【楽屋の便所から】2017年6月号 by まい

私事ではありますが、心機一転を心に決め、得三に勤務を始め、実家を飛び出し8年住んだ部屋から今年の頭に新しい部屋に引っ越しをしました(6月だけど今年の頭の話ですみません…)去年の末、何故か得三に謎の物件を探しと引っ越しブームが到来し、スタッフの内4人が引っ越しをする運びとなりました。前回の部屋は特に迷いもなく決めたのだけど、今回は違う。アプリを見たり、不動産屋さんに行ってみたり。目星をつけていた部屋が実は掲載されていただけで既に入居者がいて空いていなかった…なんて肩透かしを食らったこともありました。(物件を探してる皆さま、要注意ですよ~!)でも、何軒か見て回った時に、「ここだね。」と納得出来る部屋に出会いまして決定!!結果、私は大通りを挟んで移動するだけの近距離引っ越しだったのですが、もともと物を捨てるのが苦手な私。そして、部屋が目一杯物に埋もれて来たから引っ越しを考えたこともあり、荷造りはもう大変なこと、大変なこと!まずダンボールを広げるスペースを作るのが大変。で、荷物を詰め込んだダンボールを置いておくスペースを確保するのがまた一苦労...年末年始はダンボールと一緒に過ごしました。巷でよく聞く、断捨離。なにそれ?ってなりながら泣く泣くの思いで捨てたり、売ったり。で、いざお引っ越し!!スタッフのメンズ達のご協力があり、なんとか大量の物を運び出した。よくもまぁ、こんなに部屋に押し込まれていたな...と呆然とするも束の間。次は荷解き。実は未だに完了しておらず、冬服はダンボールから引っ張り出しながら着ていますが、もう冬は終わり暖かくなって来ちゃってる...春物の探してるお洋服はだいたい見つからない。どなたか片付け上手な方求む...。そして何故か、最近はうちらの引っ越しブームに乗ってからか、今池近辺にお引っ越ししてくるお友達もちらほら。今池が賑やかになって来て嬉しい限りです☆

【楽屋の便所】2017年5月号 by 咲

得三☆ショッピングへようこそ!今回ご紹介致しますのは、誰が買うのでお馴染みの『得三スタッフグラビアカレンダー』ですよ!意味わかんないですね。同感です。事の経緯は、去年の得三新年会から。全員酔っ払い。さしかえ面白いことしたいねって話から迷走。そして迷走。スタッフカレンダーに辿り着いたのだ。ちょうど後輩りさこの成人の撮影もあり、段取りと撮影を任されていた私と山ちゃんがカレンダーのプロデューサーとカメラマンに。ジュニアは全裸じゃ~サキはビキニじゃ~社長はふんどしじゃあ~がっはっは~くだらね~とみんなで笑いながら散々盛り上がって解散。さてそれじゃあ撮影始めますかと動き出したら、みんなに本当にやるのかよと笑われた。なんと本気にしていたのは我々2人だけでした!ズコーー!でも啖呵切っちゃったし、もう後には引けないぞ。てことで本当に1年かけて撮影敢行。ロケまでしちゃってね。4月、春設定の撮影場所には立派なヒマワリが咲き誇り、許可は取ったものの、前を通る中学生に白い目で見られる。5月、記録的な強風で小道具が全て吹っ飛ばされる。6月、撮影現場になかなか辿り着かず、大の大人が3人で迷子。7月、小道具の生ビールの泡がどんどん消えていき、継ぎ足し継ぎ足ししていたら後輩がベロベロに。パワハラじゃないからね!と必死に謝った。8月、ロケ地は川。カメラマンの山ちゃん、オケツまで川に浸かりケータイを失う。11月、ギリギリまで小道具が揃わず夜中に今池中をチャリで走り回った。そして今年の2月、真剣勝負の悪ふざけカレンダーついに完成!!山積課題氏のデザインと、鬼頭印刷さんの技により、我々が当初予定していたモノとは比べ物にならないほどの仕上がりに。真ん中にキリトリ線がついており、お気に入りの写真で留めておける隠れ技付き(笑)4月始まりのカレンダーなのでまだセーフ(?)ネット販売もやっておるので遠方の方も安心♪皆々さま是非、何卒、宜しくお願い致しますーー!!2度とやんないんだからネーー!!

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ