ホーム>スタッフブログ>スタッフ>楽屋の便所から by PA河野悟
スタッフ

楽屋の便所から by PA河野悟

とざい、と~ざい。パン、パン!昨年、2月にちくさ座で行われた「オルケスタ・リブレ plays 三文オペラ」が記憶に新しく今池ではおなじみとなりました、講談師・神田京子。5月には真打へ昇進。や~や~それでは今池でお祝いをしようじゃないかと行いましたるは、神田京子・真打昇進披露興行 今池版!パン!そもそも講談師といいますのは、張り扇で釈台を叩き、調子良くメリハリをつけて語る、リズミカルな話の妙味によってどんなお話も嘘偽りのない本当の出来事のように思わせてしまう話芸でございます。ちょうどこの文章もそんな勢いで読んで頂けるとありがたいのですが、この話に嘘偽りはございません!パン!さて、高座には赤い毛氈、釈台を置きましてその前にC-38マイク、俗に言う漫才マイクであります。その奥には和田誠さんデザインの梅の木が描かれた紅梅色の大きな幕と興行のぼり、まさに演芸場さながらに仕上がったちくさ座へお祝いに駆けつけた今池ご当地スター達!MC今池ヴァイオレットの掛声で飛び出すは、チアリーダー・セイラーズ!大人も子供も元気に踊る姿が祝いに華を添える!そして今池の男性アイドル、エレガント浜田!寂しい時は僕を呼んでと「いちメロマン」を熱唱!さすがの京子さんもメロメロか?パンパン!お次は、マイケルジャクソンパフォーマンス集団D.O.M!イマイケルジャクソン!キレあるダンスをバシッと踊り、Hello, Imake! Congratulation Kyoko! 皆で万歳三唱、ばんざ~い、ばんざ~い、ばんざ~い!お祝い演舞大成功であります!パン!さあ、披露口上には、商店街の方々から沢山の祝辞が述べられました!京子さんの旦那であり詩人の桑原滝弥さんからは愛あふれる詩!そして神田陽子師匠の一席、声がとても素敵な方でした!さあ、さあ、真打・神田京子の登場!とここから面白くなって行くところですが、神田京子・真打披露興行 今池版の一席、話し納めとさせていただきます。とまあ講談は余韻を残しつつ終わるのでありました。

2015224211450.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokuzo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/95

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ