ホーム>スタッフブログ>お店紹介>音楽教室 grace MACK インタビュー
お店紹介

音楽教室 grace MACK インタビュー

graceMACK.gif

 

1995年オープン、来年で20周年を迎える一宮市の音楽教室グレースマック。私は1996年くらいからお世話になっております。

 

鈴木勝彦さん、すずき真穂さんご夫婦で運営。元々お二人とも名古屋近郊のヤマハ系列の教室で先生をされていて、バンドブームを機にヤマハがポピュラーミュージック志向の教室を始めた頃からやられているベテラン先生。

 

当時ヤマハでは基本的にグループでのレッスンのみであったのに対して、こちらの教室では個人レッスンでじっくりそれぞれのレベル、やりたい事に応じた丁寧な対応、時にはメンタルな事、音楽以外の悩み事なども親身になって相談にのるという感じで、音を通じたコミュニケーション全般をフォローしているんですね。

 

生徒さんから時に両親であり、頼れる兄貴、お姉さんであり、良き人生のアドバイザーといった深い関係性があるので、オープンからこれまで20年近くずっと通われている方も数名いらっしゃるようです。

 

こちらの教室の特徴は、様々な楽器のコースがある事をいかして教室内でバンドを組んでの年に4回の発表会を提供している点で、どんなレベルでも半年後には、何らかの形でステージに立つ機会を得られるところ。

 

普通の教室は年に1回、大体1曲のみという所が多いのですが、Tokuzoでもやっていただいてる発表会では30-40分のステージができる所までいっている所が凄いですね。

 

いろいろな音楽教室の発表会を見てきましたが、その中で有数の演奏レベルとそのクオリティーの高さであると思います。

 

個人の教室ながら、ドラム、ベース、ギター、サックス、ヴォーカル、ピアノ、バンドアンサンブルまで幅広くやられているのと、パラライズのドラムの丹羽さん、ジャズサックスの吉丸さん他、経験豊富で充実した先生陣、そしてアットホームで生徒さん同士が繋がれる場である事が

 

長く通われる生徒さんが多いという事に繋がっているのではないかと思います。

 

すずき真穂さんは、近年は、音楽だけではなく生徒さんのメンタルな面もフォローする為にカラーセラピーやヨガにも取り組み、今ではヨガ講師としてもお呼びがかかっております。

 

教室をやっていて一番やりがいを感じるのは、生徒さんの成長を音楽を通じて感じる事ができる時だそうです。登校拒否だった方が教室に通ってから、克服していったり、様々な方面に進んでいかれる方の中でも、グレースマックに通っていたことが、その人にとっての何らかのステップになっていんだなと感じること、音楽っていろんなチカラがあるんですよね。

 

デジタル全盛の時代になってきていますが、グレースマックでは、生楽器の良さとその可能性を大事にし、音楽にふれる人が増えていくことを願って活動していきたいとの事でした。

 

個人的には地元密着で音楽に接する場というのは、本当に大切だと思っております。グレースマックさんのような音楽教室がどんどん増えていってくればと願っております。

 

ちなみに、沢田研二さんのサポートドラマーなどで活躍されているグレースさんは

すずき真穂さんの妹さんなんですよ。80年代はjaco:necoというバンドに姉妹で参加されて活躍されていました。

インタビュー by 臼井康浩

 

 

 

music school grace MACK

愛知県一宮市昭和1-3-14

tel:0586-46-0177

http://www.orihime.ne.jp/~grace/

 

お得情報をお届け!メルマガ登録こちらから
スマホ、ガラケーでこのサイトをcheck
QRコード

ライブ予約はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数

ページ上部へ